補修現場を見て

みなさん、こんには。
梅雨入りしましたがどうお過ごしでしょうか。
さて今日は補修について書いてみたいと思います。
補修といっても今回は補修業を生業としている方たちの
技術についてお話します。
現状写真
これは補修前の状況です。
外壁のサイディングが見事にひび割れています。
補修状況
↑このように手作業で、地道に補修作業を行います。
補修完了
そうするとなんと上の写真の様にきれいに補修されました。
さすが補修を生業としている方々だけあってすごいの一言に尽きます。
実はこのように補修のプロフェッショナルに頼めば元通りの見た目まで修繕が可能な場合があります。
今回はサイディング壁の補修でしたが、この他にも、ステンレスの傷補修、アルミサッシの凹み補修
フローリングの傷補修等も可能です。
補修費用は安くありませんが、交換工事に比べれば安く済むかもしれません。
あまり費用を掛けたくなく、なおかつ傷が気になるかに如何でしょうか。
YUN



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください