階段手摺はより幅広くとれることを優先します

助成金を利用して階段手摺をつけたのでご紹介させていただきます。

一般的な住宅では階段や廊下等の幅が780ミリ前後が多く、手すりを付けると約700ミリ程度しか有効幅がなくなってしまいます。

また、後付けの手すりの多くは下地補強がいらない補強板(ブラケットベース)を取り付けるため、有効幅は675ミリ程度となり、かなり狭くなってしまいます。

そのため弊社では有効幅が多くとれるよう、補強板なしで手すりを取付けます。

補強板なしで取付ができるのは材料が進化したことによります。パナソニックのストロングという商品はピッチを1500ミリまで飛ばすことが可能なので補強板がいらないというわけです。

それでは施工手順をご覧ください。

まずは手すりの高さを決め、踏み板に合わせて位置を確認していきます。それと同時に下地のある所を確認していきます。

高さの確認が終われば手すりを設置していきます。

設置時間は約半日程度になります。

これから手すりの設置をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


耐震 筋かい金物について考える

 

家を作るときはいろいろな金物を使用しています。地震に耐えるための筋かいにも端部に金物が使われています。

先日、建築士会の集まりで、雑談中でのことでした。

「筋かい金物で端部に止める金物は、引張力に対し筋かいの端部が裂けやすい」

がセット

「その点、端部からずらして付ける金物のほうが引張力に対し、筋かいが裂けにくいのでは」と。

2

なるほどだと思いました。

というのも家の土台には柱が接するところは「ほぞ」という加工します。

12(19)

ほぞは土台側には穴を掘り、柱側には土台に刺さる様に凸加工をします。

そして家の出隅部では柱が角に立つため、土台ギリギリでほぞ穴加工をすることとなり、建て方で柱を入れる際、土台に割れが生じることがあるため、土台の端部を伸ばして作ることもあります。

ここからいえる事は、無理な力がかかったとき、端部の部分は割れや亀裂が生じやすいのだと。

現在、金物のメーカーは普通に端部に納まる金物を販売していますので考えすぎかもしれませんが、納まりに問題がないところには今後はできるだけ端部から離した筋かい金物を使おうと思いました。


トイレ・洗面改修工事 船橋編

船橋市でリフォームをした3年前のトイレ工事をご紹介させていただきます。

ブログにアップしたと思っていましたが、スタッフから「載せてませんよ!」と言われ思い出したトイレ・洗面改修工事です。

それでは早速工事前の写真を載せます。

P1180972

P1180969

当初はウォシュレットの不具合でお伺いしましたが、最終的には洗面化粧台までリフォームした案件です。

トイレの工事はあまり予算をかける方が少なく、お求めやすい便器で決まることがおおく、内装も値段次第ということが一般的です。

今回の案件も最初は「値段」を重視した内容でしたが、途中から「快適さとこだわり」を重視したものに変わりました。

DSCN62101

DSCN6197

トイレの内装の色の決め手は雑誌の写真でした。

P1190190


船橋市T様 耐震改修工事 LDK編

引き続き船橋市のT様 耐震補強工事のご紹介です。

こちらは以前はリビングとして使用していて、和室6帖が隣接しているお部屋でした。

このリビングにキッチンを配置し、和室もつなげてLDKという計画を立てました。

また、耐震補強工事も極力新LDKの部屋で済ませるように計画しました。

そのため、在宅でのリフォームでしたが、お客様にとって精神的に楽なリフォームにもつながりました。

旧リビングのお部屋です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

旧リビングをキッチンとダイニングへと変更しました。

そして、お客様のご要望の一つでもあるキッチンは対面式に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

弊社のオリジナルである、カウンター下に収納を作りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

実は、LDKが完成しだい、旧キッチンの部屋の工事でしたので、完成写真はこのぐらいしか取れませんでした。

しかし、先ほども書きましたが、キッチンを別な場所に移動したため、今までのキッチンはLDKが完成してから解体することとなり、結果的にリフォーム時にキッチンがないということがありませんでしたので、食事や後片付け等に関しても精神面で我慢するということが減り、お客様にも喜ばれました。


船橋市T様 耐震改修工事 寝室編

今年の秋に工事をさせていただきました、船橋市のT様 耐震補強工事のご紹介です。お話は去年から始まり、船橋市の助成金を利用してとのご希望でしたので、平成29年度分の助成金が決定した後、動き出した案件です。

船橋市の助成金は満額の70万円が決定し、その他、所得税の控除及び固定資産税の減額で合計100万円程度の恩恵を受けられました。

それでは工事前と後の写真をご覧ください。

まずは耐震補強をしなかったお部屋です。

もともとはダイニングキッチンとして使用していたお部屋ですが、奥様専用の寝室に変更しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DSCN8482

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DSCN8486

DSCN8485

キッチンがあったところはウォークインクローゼットにし、あえて扉はつけませんでした。

床材にもこだわりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遠くから見るとわかりませんが、ランダムに柄物を入れています。
この床材はフロアータイルでアンティーク柄になります。表面の凹凸感がとても良い感じを醸し出している商品です。

DSCN8494

上の写真はベットを置き、ベット脇には小さなサイドテーブルを置く計画にしました。

当初、壁につく照明や左側の低いところに取付けたスイッチにはあまり理解を示してはくれませんでしたが、ある程度形になってきたときに、「なるほど、こうなるのね!」と喜んでいただけました。

また、この写真の反対側の壁にはテレビが壁に付けられるように壁を補強し、テレビ配線等もテレビの設置高さに変更しました。

次回はキッチンを移設したお部屋のご紹介です。


私たちも楽しい トイレづくり

先日完了しました市川市のOBの O様のご自宅でトイレ工事をさせていただきましたのでご紹介させていただきます。

ウォシュレットの不具合から最終的にトイレ全体のリフォームになった案件でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上記の写真にもありますが、昔ながらのタイル張りで、冬はとても寒いトイレでした。

O様はご自身で絵を描いている方で、トイレの内装には色や柄にこだわってコーディネイトしてみました。

当然、機能的にも配慮し、腰壁はメラミン化粧板を張って清掃性にもこだわりました。

その集大成がこれです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2017-11-27 17.03.34

実はまだ未完成なんです。窓を二重サッシにして完成となります。

色使いも斬新で、寒さも感じさせない色彩がO様のセンスを感じます。

作っている私たちも完成が近くなるにつれ心が弾み、工事期間中はとても楽しませていただきました。


船橋市住んでいる方に限定したお得情報です!

船橋市に住んでいる方にお得な情報です。

自宅をバリアフリー化することを考えている方に船橋市独自の支援事業があります。

一般的にはバリアフリー化をする工事には介護保険を使って工事費をお安くする方法があります。当然住んでいる方が介護認定を受けていなければなりませんが、船橋市では独自に支援事業を行っており、介護認定を受けていない方が対象になる制度です。

具体的な工事内容は

  1. 手すりの設置
  2. スロープの設置
  3. 段差解消
  4. 浴室の改修
  5. トイレの改修
  6. 引戸等への変更
  7. 廊下等の拡幅
  8. 断熱改修
  9. 椅子式階段昇降機の設置

になります。

助成内容は、工事費の10分の1(上限10万円)を市が出してくれます。
また、申請は工事着工前にしないといけません。

ぜひ利用してみてくださいね。


大家さんが巻き込まれたトラブル その1

 

こんなトラブルがあるということをご紹介させていただきます。

賃貸マンションの現状復旧を依頼され現地で調査をしたところ、雨漏りらしきところがありました。

場所は外壁に面した換気口付近。

2017-07-22 13.19.17

外壁側を見てみるとベントキャップ(外部の換気フード)が破壊されているのを確認できました。

2017-07-22 13.19.44

2017-07-22 13.19.36

おそらく以前賃貸で住んでいた方がエアコンを設置した際、エアコンの配管を通す場所がないため、給気口を利用し配管されたのだと思います。その際にエアコン設置業者によって破壊されたものでしょう。

いつも思うのですが、建築を知らない素人同然の方がこのようなことをしてしまいます。決して悪気はないとは思いますが、建築の知識が足らないと言わざるをえません。

その結果が雨漏りへとつながっていることからもお分かりいただけると思います。

それに加え知識のなさがわかるのがベントキャップに蓋(シャッター)らしきものが見えると思います。これは火災時に必要なもので、ルール上このマンションには必要だったため、設置されたものです。この機能を阻害するということは、大災害にもつながるということを理解していないということです。

しかしこの案件は、被害がもっと重大な事へと発展しているケースでもありました。

工事を進めていき、部屋側のレジスター(換気口)を取って、スリーブの中を確認してみると、錆だらけ。そして一部は腐食し、穴が開いている状態でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この状態から推測すると、かなり前から雨が入り込んでいることになります。

また、腐食が進行して穴が開いているということは、コンクリートの壁の中に雨水がしみ込んでいるということにもなります。当然コンクリートの中にある鉄筋にもよくないことは理解できると思います。

※写真の奥に見えるベントキャップは既存のものを撤去したため、仮に新しい物を差し込んでいます。

さらに工事を進めていくと、給気口に近い間仕切り壁の下部のクロスがフカフカしていたので壁のボードを撤去してみるとカビだらけで、ボードも湿っていました。

以上から言えるのは、安易な工事が建物に欠陥を生み、結果修繕費に多くの費用が発生したり、住まい手に健康被害すら与えないといったことにもつながってきます。

エアコンの取付工事がここまでのことを引き起こすという事例ですが、安易に簡単な設置工事だからということは避けるべきだということを教えてくれる事例です。


中古の戸建てはインスペクションをして購入すべし!

先日、知り合いの方から中古の戸建てを購入したいとの相談があり、どこに気をつけて見ればよいのかというのが質問でした。

私も返答に困ってしまい、手っ取り早く、「私がついて行って判断してあげるよ」と言って問題が解決。

というのも、木造の戸建ては一般の方では見えにくいところに瑕疵があったりすることが多々あります。

特に築が古くなればなるほど、瑕疵はあると思ったほうが良いでしょう。

瑕疵で一番多いのは、シロアリによる被害や雨漏りや水漏れによる被害。

そして、構造的な欠陥が挙げられます。

これらは床下や、天井裏、小屋裏に入らないとわかりずらいものです。

また、一般の方ではどういうものが瑕疵になるのか判断が難しく、経験を積んでいないと判別できないようなこともあります。

ちなみに一番わかりやすいのが浴室。

現在ではユニットバスが主流になりましたので、水漏れによる被害の心配はありませんが、一昔前の在来工法で作られた浴室は注意が必要です。

土台、柱は意外と被害にあっています。

新しい木造の戸建ても注意が必要です。

シロアリ駆除をやっている家は、駆除の方が床下を這いつくばって各部屋に行くことになります。その際、基礎が邪魔していかれない場合、多くは基礎を破壊することになります。基礎が破壊されるということは耐震的にマイナスということにつながります。

DSCN8308

シロアリ駆除やさんによる基礎の破壊

 

DSCN8306

浴室リフォームの際に配管を通すために破壊したと思われる

 

その他、いろいろ見るところが満載です。

どうしても築がある程度たった木造の戸建てがほしいのであれば、専門家に同行してもらい調査して判断してもらうことが一番の得策になります。

費用はおおむね3~6万円といったところでしょうか。

費用は掛かりますが、後のことまで考えるとやって損はないと思います。

 

 


無理を言って来てもらい、屋根瓦の補修をしました。

前回ご紹介した屋根の棟瓦がずれていた案件の補修工事です。
現在、屋根屋さんは台風被害の対応に追われ、頼んでも工事は数か月後といった状況が続いています。

しかしそこは信頼関係があると無理も聞いてくれます。

今回は屋根屋さんに無理を言って対応していただきました。本当に感謝です。

お客様も一安心。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして被害にあった部分の費用は火災保険が賄ってくれるので、「お金の心配もなし」ということになりました。

こういう時に保険のありがたさが身に沁みますね!