【男前インテリア】新しいトイレのコーディネートは大人女子好みに|店舗リフォームの参考にも


男前インテリアの参考にトイレのコーディネートは大人女子好み店舗トイレ内装にも人気のテイストです

スタッフより「1階にもお手洗いがあると便利」という要望がありましたので、早速、時間をやりくりして作りました。

男前インテリアコーディネート女性用トイレルームツアー
続きを読む 【男前インテリア】新しいトイレのコーディネートは大人女子好みに|店舗リフォームの参考にも

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




配管の水漏れ修理をできるだけ費用を抑えて考えた結果をご報告します


配管の水漏れ施工ビフォアーアフター
配管の水漏れ施工 ビフォアー(左)アフター(右)

今回のご相談は、長年の水漏れの結果、床にまで腐食が進んでしまったお住まいの補修でした。

キッチンは長年の水漏れで床にも影響が出ています。
キッチンは長年の水漏れで床にも影響が出ています。
配管はキッチンと浴室までつながっています。合わせて修理をしていきます。
配管はキッチンと浴室までつながっています。合わせて修理をしていきます。

出来る限り家計に負担がかからず、可能な限り安全で長持ちする方法を色々と模索しました。

続きを読む 配管の水漏れ修理をできるだけ費用を抑えて考えた結果をご報告します

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




ステンシルってご存知ですか?自宅内にあるもので愉しむ、その技法を紹介します


ステンシルはインテリアのアレンジをする時、コツさえつかめば簡単に装飾ができる、愉しい 手刷りの技法です。

以前、いちかわ産フェスタで無料体験もしたことがあります。

型紙をオリジナルにすれば、自由に愉しめるDIYなので、自宅待機(ステイホーム)の今、お子さんと一緒にいかがでしょうか?

今回はその手順を、実際に弊社女性スタッフで行った時の写真付きで、簡単にご紹介致します。

型紙を準備します
オリジナルだと、なお愉しいです

ステンシルの型紙は100均でも売っているので、とにかく手軽に始めてみたい方は、買ってきても大丈夫です。

文字の大きさ、オリジナルの模様などで楽しみたい場合は、型から作っても愉しいと思います。
型の切り抜きにはカッターを使うので、お子様と作業されるときには、年齢に応じて大人の方が手助けしてあげてください。
因みに弊社スタッフの話によれば、小学校3年生の図工でカッターナイフを使った授業があったそうです。
大きな切り抜きでしたら、見守りながらできそうですね。

筆やスポンジ、塗料を用意します

弊社女性スタッフは、使い古しのスポンジを使っていました。

筆やエアブラシで色付けすることもありますが、手軽に家にあるもので、なお且つ、 ノスタルジックな「かすれ感」が出るのでスポンジはおすすめです。

塗料はステンシル用として売っているのもありますが、今回は水性ペンキを利用しました。中学校の美術で使ったような「アクリル絵の具」でも代用できます。

今回は壁にステンシルを施しますが、布にしてみても面白いです。その際塗料は布用を利用する方が好ましいです。

そして「トントン」します

型がずれないことを意識しながら、少量の塗料をスポンジにつけ「トントン」と上からたたくように、塗っていきます。

ノスタルジックな「かすれ感」を出したい場合、塗料にもちょっとした注意があります。

とろりとした水で薄まってない状態の塗料を、少量ずつつけて「トントン」してください。

武田建設工業マークを最後に入れて、完成です。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




テレワーク(在宅勤務)のための書斎づくり


コロナの影響でテレワーク(在宅勤務)が急速に加速した感じです。いい面も多々ありますが、問題もそれなりにあると聞きます。

その問題点は、大きく分けて2点。

自宅でのネット環境の問題、そして仕事(作業)環境の問題です。

今回は仕事(作業)環境のことについて触れていきたいと思います。

いいか悪いかは別として、今まで仕事をするうえで家族がいなかったが、いることによって仕事に集中ができないとの声を聴きます。

そこで提案したいのが、自宅に仕事をする書斎を作ってしまう。

そんなスペースなんてないとぼやく前に、何とかスペースを見つけてみませんか? 2帖ほどのスペースがあれば書斎はできます。窮屈でも構わないということであれば1帖でも可能です。逆にこの空間が秘密基地みたいで心地よいと思うかもしれません。

それではまず私個人の部屋の画像です。

幅は狭いですが、結構いい感じで遊び部屋としています。

立体的に考えることで実現できる可能性もあります。

その他、階段下や押入を利用することもありだと思います。

また、吹き抜けがある家はうまくいけばその部分を書斎にすることも可能かもしれません。

考え方としては3次元で考えると解決する確率が上がると思います。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




今日は医者になった気分になりました


昨日、弊社の常務がいつも通っている整体の先生から

「骨の模型の一部が破損したため直せないか」

という修理の依頼を受けました。

購入したメーカーにも問い合わせたようですが

「直すことができないので無理です」と、さじを投げられ

本職の整体の先生でも模型の骨だけは治らないと途方に暮れているものを

はたして私で直せるかどうか・・・

実際に模型を弊社まで持ってきてもらい、破損した部分を見ると、背骨の芯に金属でくねくね曲がるフレキシブルな棒が入っており、その一部が折れていました。

背骨の模型画像

溶接すれば直るかなと思いつつ、破損周辺の骨を取らないと溶接の熱で溶けてしまうので、ひとつづづ骨を外していきます。

軟骨、骨、そして筋肉のような赤いもの?。作業している最中は本当の人の体を手術しているような感覚に陥りました。

最終的に折れた部分を溶接し、元のように骨を組み、10分ほどで完成。

先生もこんなに早く治りびっくりしたようで、喜んで帰っていきました。

かなりの荒治療にもかかわらず、患者さん(骨の模型)は何も言わず黙っていてくれたことに感謝です^^

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]