ひかり


部屋の中にとり入れる光といえば窓から…ですよね。
太陽の放つ光…自然光は、建物には なくてはならないものだと思います。
その光の射し込み方はさまざまで、窓の大きさ、高さ、時間、季節でも変化するので、窓によって色々楽しめるのではないかと思います…
安藤忠雄氏は、日の光を上手く使って『光の教会』を設計しています。
十字架の形に切り取られた壁から光が挿入し、〝光の十字架〟をその空間に造りだしています。
太陽の恵みともいわれる日の光、こんな採光のとり方もあるんだなぁと…
一般の住宅にもこんな感じ、とりいれられると楽しいですね。
光の教会
日暮



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




続・ROOKIES


ROOKIES[emoji:v-226]
以前のブログにも書きましたが、私は『ROOKIESオタク』です
朝、通勤前にを飲みながら10分程好きなシーンを観て、心穏やかに出社します
「えっ、穏やかに?あれで?」と周りから聞こえてきそうですが…
そこはスルー…
好きなシーンはたくさんありますが、そのひとつ
野球部の監督の川藤先生が部員1人1人のユニフォームを手に持ち、その子の良いところを相手チームの監督に言っていきます
言われた子は照れながらも嬉しそうな表情をします。先生はみんなに聞かれている事には気づいていない。だから本心なので余計に嬉しいのです。
誰でも人に褒められるのは嬉しいことです
それは自分を認めてくれて、ちゃんと見てくれていると言うことなのですから
これは老若男女、万国共通なのではないでしょうか?
人は褒めて育つと言います。
でも育つのは誉められた人だけではなく、人を誉められる…認めてあげられる人も一緒に成長するように思います。
さて、ROOKIES
映画もそろそろ始まりますよぉ[emoji:v-343]
sanada



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




安藤 忠雄氏のさくら広場


 ちょうど去年の今頃だったと思います…。
電車の窓から外を見ていたら、突然とても綺麗なさくらの風景が視界に入ってきて…。
あまりにも素晴らしい景色に おもわず電車を降りていました
線路にそって、そちらの方向へ…かなり歩いたような気がします。
…が、辿りついて驚いたのは、ソメイヨシノ505本のピンクに染まる桜一色の公園でした。
そして、建築家の『安藤忠雄』氏の設計した「さくら広場」という事に また驚きでした。
とても素晴らしいので、よろしければ是非足をはこんでみてはいかがでしょうか…。
4/5まで開園  京葉線 新習志野と海浜幕張の間です。
幕張をバックに桜が一望でき、夜はライトアップされ違う雰囲気を味わえますよ
さくら広場photo2よるphoto1
日暮



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




ローズ


さて、前回バラの香りの話をしましたが、
バラの香りは好きでも実はバラの花自体はそれほど好きな訳ではありません。
でも、ローズという言葉の響きやROSEと英語で書いたときのスペルの美しさは好き
あと、映画「ローズ」のイメージ
これはかのジャ二スジョプリンをモデルにした映画で、彼女の激情の半生が描かれています。
でも、人は誰しも人を驚かせる物を持っているというのが私の持論です。
いろいろな人の生活を請け負う(?)家のリフォームってすごい仕事なのかもしれません。
電車で一緒になった人にも家があり、家族があり、仕事や趣味があり…
そんな当たり前のことってなんだかとても楽しく思えます。
sanada



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




ガウディの言葉


最近よく思うのは、建築って日々勉強だなと…
「継続は力なり」 この言葉を信じて…
 あのスペインの建築家 『アントニオ・ガウディ』は、若い時、あまり優秀な学生ではなかったそうで苦学して建築家になったそうなんですよ。決して裕福な家ではなかったので働きながら学費を稼ぎ家族への援助もし勉強だけの日を送っていたのではなっかたそうです。でもガウディは独創的な建築をたくさん残しました。今もなお、その作品への訪問者は耐えることなく、晩年すべてを捧げた『サグラダ・ファミリア聖堂』においては、120年たった現在もその建築を継続しつづけ、「ガウディの聖堂」 として人の心に生き続けていて…。
 ガウディの最後の言葉 『最高のものをつくろうじゃないか』 
この言葉を弟子と交わした後、ガウディは路面電車にはねられ生涯を終えることになったそうなのです。
 いつも、この本を読むと 読みながら力をもらっているように思えます。
これから先 人と建築の幸福な出会いに少しでも、かかわっていけたら… 少しでもお役にたてれば…それだけで嬉しいなと思っています
photo_gs01_s.jpg
日暮



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム