浴室工事でほとんどの場合が・・・

江戸川区のM様邸にて 浴室の改修工事をさせて頂きました。

まずは既存状態から

DSCN7640

DSCN7641

 

施工後は

P1200041

P1190983

このようにきれいで快適な浴室になりました。

 

しかし、ここまで来るにはそれなりの処置をしないといけないという事実があります。その処置とは・・・

 

在来の浴室の多くは、リフォーム時期を迎えるころには土台やその周辺の柱が少なからず朽ちているものです。過去、仕事をさせて頂いて、まとも土台や柱きれいな状態である例を見たことがありません。

今回のリフォームでもかなりボロボロに進行していて、補修工事も大変でした。

P1190888

見にくいとは思いますが、現状は浴室入口が一番ひどく、土台全体に水が回っていました。また、柱の一部もスカスカ状態のところもありました。

早速、土台を交換し、弊社で自作した後付土台アンカー金物を設置しました。柱も悪い部分を取り補強していきす。

1929

浴室の工事はこれら土台の補修が必ず必要になると思っておいた方が良いでしょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA