工事の技術力とは? その3


以前、船橋市の住宅相談から来られた方の耐震補強工事をさせていただいたお話です。

外壁改修をした際、軒裏を剥がして張りなおす工事をしていました。軒裏の板材を剥がすと軒裏の中に何やら黒い物体が見えてきたので取出してみたらほこりまみれになった瓦材。それも1枚や2枚という量ではなく、これでもかっというぐらいに詰めてありました。

すぐそのことを施主様に報告すると、以前に屋根のリフォームをし、瓦からコロニアルに葺き替えたことがあるということでした。そして、その報告を受けた後は「とても考えられない」「あの優しい社長がそんなことをするなんて・・・」と肩をがっくり落としていました。

何故、そのような事をしたのか? ここからは私の予想ですが、廃材の処分を減らし利益を追求したのか、または、瓦材を降ろすのがめんどうくさかったかということだと思います。

それではこのような事を起こさないようにするにはどうしたら良いか?

第一に、現場を管理している方の考え方がしっかりとしているかです。そして、しっかりと指示が出せればこのようなことは起きないはずです。

普通、このようなことはないと多くの方が思っています。しかし、現実は・・・

長年リフォームの仕事をしていると、多かれ少なかれ現場の問題に直面します。そしてそれを知った施主様は、当然信頼した人に裏切られたという、悲しい気持ちになってきます。

私は多くの悲しみを見てきたからなのか、どうにかしたい。その想いが強くなっていき、第三者を就かせる今の工事スタイルになりました。

 

ここでもこのように思う方がいると思います。

他社でも第三者が管理しているのではと。

次回、第三者の管理の質についてお話ししたいと思います



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




工事の技術力とは? その2


前回、「どうしたら丁寧な施工をしてもらえるのか」を次回お話ししていくと記載しましたが、

どうやって丁寧な施工してもらえる業者を見つけることができるかということに変更してお話ししたいと思います。

丁寧な施工の一番のポイントは現場管理をする(施工とは別の)第三者がいる事。そしてその現場管理者の性格が細かいところまで気づく事や先を読める力があるということにつきます。

リフォームの場合、大工さんにまかせれば大丈夫という方は多いと思います。しかし、なかなかそうはいかないのも事実です。

人はどうしても楽な方を選んでしまうようです。仕事においてもその傾向がでることがあり、それを防ぐのは至難の業ともいえます。そのため第三者が必要になるということになります。

また、上記にも記載しましたが、第三者がいるだけではダメで、その管理している人の性格がとても重要だと思っています。

まとめますと、現場を担当する人次第ということにもなりますので、できるだけ、現場を担当する方とコミュニケーションを通し、どのような性格なのかを見抜くことが大切です。決して外面が良いということではありません。そこを間違えると大変な事にもなる事例を次回紹介したいと思います。



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




工事の技術力とは? その1


業者選びの話で、施主様が選ぶ基準の一つに「工事の技術力」があります。

この技術力とはいったい何を指しているのでしょうか?

多くの方は、丁寧な仕上がりを思い浮かべるのではないでしょうか?

当然、丁寧な仕上がりを求めていること自体、問題ありません。

実際に、最後まで気を抜かず、こだわりを持って仕事をしている方は多いのですが、意外と細かい部分を見ると「もう少し丁寧に施工していたら」や「ここまで来て妥協したのか」等感じることが多々あります。

私自身職人からスタートしたので、気持ちがよくわかります。しかしわかるからといってそのままでは納得がいかないのも事実です。

特にリフォームは既存との取り合いがあるので、技や考え方、そしてリフォームで使用する道具が非常に重要になってきます。

次回、そのポイントやどうしたら丁寧な施工をしてもらえるのかをお話ししたいと思います。



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




新築工事 木工事の巻き


いよいよ基礎も終わり、建方への作業の準備にとりかかります。

まずは足場を先行で組んでいきます。

P1080148

P1080150

P1080152

 

次は土台入れです。

建方の前に大工さんが来て土台を据え付けていきます。

P1080180

ここまでくれば一安心。

そして建方当日。材料を確認し、配置場所に運び、柱を建てていきます。

P1080186

 

P1080188

P1080190

梁も入れていきます。

P1080196

P1080199

そして小屋束を建てていきます。

P1080207

P1080209

その後、母屋、垂木を設置していきます。

P1080213

P1080214

一日でここまでの作業になります。

せっかくですので、1月24日(日)の9:00~12:00まで

現地見学会を開催いたします。

私、一級建築士の武田がご説明させていただきます。こだわった部分も見れますよ!ご興味のある方は見に来てくださいね!



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




業者選びのポイントは、自分が求めている価値なのでは?


施主様がリフォーム会社を選ぶ際、何が基準になっているか改めて整理してみますと、大きく3つに分かれることがわかりました。

それは

1:工事金額 2:担当者の人柄や対応力 3:工事の技術力

です。

弊社の場合ですと強みは、担当者の人柄や対応力、工事の技術力、そして工事金額という順番になります。

そのためか、施主様の層は50~60代の方が中心になっています。

若い方もいなくはないのですが、工事金額の面だけで考えるとそれほど安い部類には入らないのが原因といったことが挙げられます。

また、弊社の特徴として圧倒的に女性の方(主導権を握っている方)が多いということ。

そして、工事が終わった後、感謝のお手紙をもらうことがあることも特徴的かもしれません。

弊社のこだわりは、本当に求めているものを一緒に探し出し、想いをかたちにし、価値あるライフスタイルを提供すること。そして工事管理を徹底し、安心で安全な住まいはもとより、技術にこだわった作品を創り出すことを追及している会社です。

施主様にとって一番価値あるものは何か?それぞれ違うと思いますが、

基準は何かを明確にした時、どの会社を選んだら良いか、おのずと答えが出てくると思います。

 



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム