トイレコーディネートコンテスト結果発表|第14回いちかわ産フェスタ

トイレのミニチュアで空間コーディネートのワクワクを体験してもらいたい

リフォームやインテリアコーディネートの楽しさに触れてもらおうと、毎年参加しているいちかわ産フェスタで、トイレコーディネートコンテストを開催しました。

当日は朝から雨模様。
会場のようす来場者の方々

それでもたくさんの方に興味を持っていただき、コンテストにも参加していただきました。

コーディネートの様子1コーディネートの様子2

お子さまにも好評でした。

トイレコーディネートコンテスト結果発表

「エコライフ賞」
No.11 岩田様
No.11-1 No.11-2

「スマイルアップ賞」
No.6 時田様
No.6-1 No.6-2

「いいね賞」
No.3 井上様
No.3

No.4 川島様
No.4

No.5 佐藤様
No.5

トイレはインテリアコーディネートが活きる空間

テレビでも、インテリアコーディネーターがリビングを全てコーディネートしてくれるようなコーナーが人気のようです。生活空間をおしゃれにコーディネートしたい方は、きっとたくさんいるかと思いますが、一部屋分を一気に統一すると思うと、なかなか進まないのが現実です。

上手くいかない根本的な原因の一つは「空間が仕切られていない」ということです。

リビングのある一画をコーディネートしてみても、目線の先は別の空間が広がっています。それら全てをコーディネートしようとすれば、費用も時間もかかって、結局面倒になり途中であきらめてしまうようなことはなかったでしょうか。

トイレなら個室であることがほとんどです。範囲も狭く、コーディネートにかかる費用も時間も短くなります。

そして効果も抜群です。

トイレから連想するイメージは、決して良いことばかりではないはずです。機能を重視した空間と認識していることの方が、お客様と接していても多いのが実情です。

でも、他のお宅にお邪魔して、トイレがおしゃれな空間になっていると、感心することはないですか。
百貨店のパウダールームは、入った瞬間に豪華なワクワク感で、自分が実はただ買い物に来ただけということを忘れてしまいそうになりませんか。

ドアを開ける動作の先に、違う空間が広がっている。それがよりコーディネートの効果を感じさせる要因もあると思います。
もしご興味がわいてきましたら、まずはDIYなどで始めてみてはいかがでしょうか。



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。



寒い部屋は 心筋梗塞や脳梗塞のリスクが増す

チームの佐伯圭吾教授(疫学)は「暖房費を節約しようと寒くてもがまんする高齢者もいるかもしれない。でも、長くすごす部屋だけでも暖かくすれば、心筋梗塞や脳梗塞を防げる可能性がある」と朝日新聞にありました。

高齢者のご両親だけで住まわれて家庭も多くあります。特に戸建ての場合、断熱性が悪く、冬は特に寒く感じられると思います。

どうしたら一番効率よく暖かくできるか?

まずは熱の出入りが多い、窓対策です。熱の出入りの半分が窓からですので即効性があります。基本は2重サッシです。

次に床。

割合で行きますと外壁と換気で熱が逃げていきますので、その部分を解決すべきですが、意外と効果が表れにくいのが現状です。

また、寒さの原因の一つにコールドドラフト現象があります。コールドドラフトとは窓周辺で冷やされた空気が部屋の下側に流れ込む現象で、実際の室温よりも体感温度が低くなってしまいます。

そのため、床の断熱工事をしっかりとし、床暖房を設置することで暖かくなります。

今後高齢者の方がより増えることを考えると、床の断熱工事には力を入れ、仕上げの素材についてもフローリングではなく、より熱を伝えにくい素材にしたいものです。

 



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。



詐欺被害を考える 2

その共通点は

「地元(近所)の業者ではないということ」

これだけでも知っていればかなり被害が減るのではないでしょうか?

今後、訪問販売等で地元では聞いたことがない会社であれば、信頼できる方にまずは相談するということを徹底し、経済的なリスクを減らし、安心して暮らせるようにしていくことが大事ですね。

 

 

 



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。



詐欺被害を考える

先日の朝の勉強会でのことでした。弊社スタッフである田中さんの親の話になり、実家で詐欺被害に遭ったとの話になりました。

田中さんの実家は高齢者のご両親2人で住んでいます。そのためかどうかはわかりませんが、訪問販売も多数やってくるそうです。

例えば、「近くで工事をしているが、ご自宅の屋根が損傷しているがわかったので直したらどうか?」と言って、屋根に上り瓦の破片を見せて工事契約を迫る業者や、

「外壁の塗装が劣化していますよ。今ならお安くできますから」と言って来る業者がいます。

このような例では金額も高額になるため、息子さんや娘さんがいる方であれば相談し、決定することもできますが、

今回の訪問販売はかなり悪質でした。

物干しを売って回る業者で、物干しが2本で10万円。

なぜ高いかといえば、物干しは チタン製 とのこと。

実は買わせるために、業者はもう一つ手間をかけたということです。

それは、話をしている最中に物干しの長さを合うようにカットしたというところです。

さすがにここまでくると断りづらくなるという心理を突いて、購入に踏み切らせる。

普通であれば、ありえないような話でも買わせるテクニックを持っている人にかかればいちころだということです。

これ、すごく怖いことですよね。

今後、高齢者がより増えていくことを考えるとこのような巧妙かつ悪質な詐欺はますます増えていくことでしょう。そして詐欺に騙されないようにするにはどうしたらよいか?

本来は自分自身でウソを見抜くスキルを身に着けるしかありません。

しかし、高齢者になればそう簡単にはいきません。

言い換えれば、「信頼できる人の助言」や「専門性の高い助言」が必要になってきている時代に入ったとも言えます。

私も建築に携わり、多くの詐欺被害を見てきました。

そして、詐欺をする人、業者には共通点があることに気づきました。

 

次回に続く・・・

 



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。



耐震 筋かい金物について考える

 

家を作るときはいろいろな金物を使用しています。地震に耐えるための筋かいにも端部に金物が使われています。

先日、建築士会の集まりで、雑談中でのことでした。

「筋かい金物で端部に止める金物は、引張力に対し筋かいの端部が裂けやすい」

がセット

「その点、端部からずらして付ける金物のほうが引張力に対し、筋かいが裂けにくいのでは」と。

2

なるほどだと思いました。

というのも家の土台には柱が接するところは「ほぞ」という加工します。

12(19)

ほぞは土台側には穴を掘り、柱側には土台に刺さる様に凸加工をします。

そして家の出隅部では柱が角に立つため、土台ギリギリでほぞ穴加工をすることとなり、建て方で柱を入れる際、土台に割れが生じることがあるため、土台の端部を伸ばして作ることもあります。

ここからいえる事は、無理な力がかかったとき、端部の部分は割れや亀裂が生じやすいのだと。

現在、金物のメーカーは普通に端部に納まる金物を販売していますので考えすぎかもしれませんが、納まりに問題がないところには今後はできるだけ端部から離した筋かい金物を使おうと思いました。



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。



賃貸でこだわりたいところ 1

賃貸物件の現状復旧で、床がフローリングの場合、フローリングについた傷の補修や時に張替が必要になることが多々あり、意外と費用が掛かり、オーナー様が頭を痛めるところでもあります。

そこでお勧めしたいのが、フロアータイルを既存のフローリングの上に張ってしまうことです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

以前は金額面から、クッションフロアー等を張ることもありましたが、部分的な張替がしずらく、見た目もリアリティーにかけるためここ数年はお勧めしていません。

フロアータイルの良いところは

1.傷や汚れが付いた部分があった場合、部分的な張替が専門職の人でなくても容易にできること。

2.見た目の印象が良く、質感が高いこと。

3.フローリングに比べ、冬場の床からくる冷たさを和らぐげるものもあること。

デメリットとしては、物自体に防音性をかねそなえてはいないので、直貼り仕様のマンションでは採用ができないといった点があります。

 



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。



昭和56年6月(1981年6月)に建築された建物の耐震性は大丈夫か?

耐震診断をしていて思ったのですが、勘違いをされている方が多くいらっしゃいましたので、改めてこの場で書かさせていただきます。

まず、新耐震基準が施工されたのは1981年(昭和56年)6月1日になります。

よって、この日以降に建築確認を受けた建物が新耐震基準で作られたということです。

ここから言えることは

新耐震基準で施工された一般の戸建て住宅は、完成時期が早くても1981年9月ごろではないかと推測ができます。

マンションであれば通常1年程度の期間が必要になりますので、1982年の中ごろになると推測できます。

そのため、旧耐震基準で建てられた建物なのかどうかを判断するのは1981年5月までに登記したものだからということではなく、早くとも1981年9月以降の登記でなければ新耐震基準で建てられたとは言い難いということです。

マンションでは一概に1982年に建てられたものでも新耐震基準で建てられたかどうかはわかりません。

以上のことから、1981年1982年さらに1983年までの建物に関しては、しっかりと調べないと新耐震基準で建てられたかどうか判別ができないということです。

特にこれからマンションや戸建てを購入することを考えている方は気を付けるポイントにもなります。



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。



市川市立第六中学校で職業講話をさせて頂きました。

本日はご縁があって、地元市川市の第六中学校の中学1年生を対象に職業講話をさせて頂きました。

悪ガキだった私が、まさか自分が教壇に立って話すとは夢にも思っていませんでした。また、振り返ってみるともうそのような歳にもなったのだとも感じました。

職業講話とは学校のキャリア教育の一つとして行われているもので、いろいろな職業の方の話を聞くことで、どのような仕事なのか?そして将来したい仕事について考えてもらう事が目的だそうです。

私が話したのは建築を中心とした話ですが、あまりマニアックな話はせず、働く意味、そしてやりがいとは何ぞやということに的を絞って話させていただきました。

このような機会が得られたことに感謝するとともに、地域に私ができる事、そして弊社でできる事は出来る限りさせていただく事が大事なんだと改めて実感した次第です。



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。



悩みを解決し、想いを共有することが求められている

先ほど、10月中旬ごろに相談があった方から連絡が入りました。(高齢者の女性で戸建で一人暮らしの方で、家の耐震性が気になり、相談したいということでお話をさせて頂きました。)

その時は、すでに他社にて外壁の塗り替えの話が進んでおり、どうせやるなら耐震補強もという考えをしていたようですが、一般的な費用を伝えると考え込んでしまいました。

耐震の相談の多くは家が大地震で耐えるのかどうか?ということですが、費用を伝えると多くの方が補強まで行かないのが現状です。

地震で家が倒れるかもしれないという不安は、お金というものの価値と比較すると小さくなってしまう(またはかすんでしまう)ようです。

確かにお金は大切なものであります。しかし、お金自体に価値がないということを理解しなければいけないと思います。

お金という道具で幸せを手に入れる。これこそが一番だということを父が亡くなった時に教えてくれました。

今回のお電話では、やはり耐震性が気になってしまい、もう一度相談したいとのこと。

明日、お客様が求めているものをもう一度再認識し、最良の提案をさせて頂こうと思います。



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。



浴室について考える 5

最後に「非日常感」

これをどう表現するかが問題ですが、「温度差を体感できる環境」というところに焦点を当てていきたいと思います。

私の家の浴室は2階にあり、窓を開けっぱなしにしても特に問題なく入ることができる環境にあります。これが気持ちいのなんの。^^

特に冬は窓を開けると冷たい風が入ってきて、浴室内に白い湯気が舞い上がり、肌も寒さでピリッとし、まるで露天風呂に入ったように感じます。

%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%82%e3%81%ae%e6%b9%af%e6%b0%97

窓から見る景色はよくありませんが、夜は暗くなるため、あまり外の様子も見えないので、目をつぶって湯船につかっていると、本当に温泉にきた気分を味わえます。

上記の様なことを実現するには、窓の位置を低くすることです。

「風に当たり、温度差を感じる」

これで非日常感が体験できます。

また、窓の外に坪庭等の景色を意識した庭を作ったりすることでより非日常感は増すことでしょう。庭を作らずとも、窓から見える塀に竹を貼ったり、レンガタイルを張ったりすることでも雰囲気はだいぶ変わると思います。

以上のように、住宅における浴室は

・今まで住んでいた浴室のサイズより1つサイズを上げる

・ドアはできるだけ引戸とし、透明なガラスやアクリル板にする

・窓の位置はできるだけ低くし、開放感をより求めるのであればより開口の大きいものを選ぶ

上記3つの事をとりいれるだけで、今までとは違った浴室に変わります!

余裕があるのであれば、浴室でテレビや映画を見たり、外部の音源を取り込んで天井スピーカーから音楽を楽しんだり、ジャグジーやミストサウナ等で癒す設備があればより完璧ですね!

まとめですが、

今までのプランニングでは、水廻りは各部屋の大きさを決めて、ある意味残りの空間に当てはめることが多かったように思います。しかしこれからは水廻りを癒しの場としっかりと定義し、必要な面積を確保し、プランニングする必要があります。特に、子どもたちが出ていって家族2人だけになった家には、使われていない部屋が存在します。何も役に立っていないならば、現在の暮らしを楽しんだ方が良いのではないでしょうか?

リフォームにしろ、新築で家を建てるにしろ、浴室の大きさは今までより大きくとるプランニングをすること、そして洗面室も合わせて1坪半を意識してプランニングすることが必要になります。今回は書きませんでしたが、洗面室もある程度面積が広がると世界観が変わります。

ぜひ、癒しの水廻りを手に入れてみてください。

 



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。