【施工事例|台東区O様 その3】そのすき間を有効活用|あきらめずに合うものを見つけに行く旅


洗面室のおまけの話です。
施工前の写真をもう一度確認してもらうと分かるのですが

アップにしてみます・・・

ここです!!
見つけられましたでしょうか?

このハンガーです。
これがお客様の日常の動線上になくてはならないものだったのです。

使い勝手の良いハンガーをかける場所がなくなってしまったお客様。
「しょうがないものね・・・」
少々さみしげにつぶやかれます。
「他が綺麗になったし、しばらく使ううちになれてくるものね。少しの間の我慢よね・・・」と、心の声が聞こえてきそうです。

でもまってください!
そのちょっとの我慢は本当に時間が解決してくれますか?

少しの我慢が時間で解決できるお客様はそもそもその置き場所にこだわりをもたないものです

その時気になる違和感は、なくならないと思った方がよいです。
長年の経験からそういえます。
そのちょっとした違いが気になった時点で、毎日の少しの我慢がスタートしたと思って間違いなしです。
「他は気に入っているんだけど、やっぱりここが気になっちゃって・・・」と、再度依頼をされるお客様のなんと多いことか!!

なので是非、その小さな不満は解消しておくべきと考えております。

その時に施工代は追加されますが、良心的な業者であれば、うまくスケジュールに組み込んでくれますので、気が付いた時に早めに言って欲しいと思います。
施工が「追加」の場合と、新たに始める場合では、やはりかかってくる費用が変わるのです。
病院の「再診」と「初診」で料金が違うのをイメージされると、分かりやすいでしょうか?

そもそもそのうち慣れるものごとであれば、リフォーム後に気になってないものなんです。新しい見栄えで喜びを感じている中で、目にとまることはないのです。

同じくするのでは一級建築士の資格が泣くということで更に使い勝手の良いものに

以前までと突っ張り収納の思いがけずできたスペースを、有効活用されていたのですが(この狭いスペースに役割を持たせたお客様のアイデアもなかなかです)、人の動きの中で「ちょうどいい」を適切に考えて、高さなどに意味を持たせるのがプロの仕事。

ここで施工後の写真を見てほしいと思います。

まずこの幅にちょうど収まる、そしてデザイン的にもこの空間に収まる、そういった ウォールフック を見つける旅に出かけることになりました。
しかしなかなか見つからないんです。そう上手くはいかないかとあきらめかけた時に、IKEA であるという情報を入手。早速店舗に駆け付けましたが、なんと在庫切れ・・・。しかしこれも縁でしょうか。私の熱意が伝わったのか、店員さんも神対応で応えてくれて、倉庫の奥に眠っていた在庫を見つけ出してくれました。

これで後は取り付けるだけとなりました。

この ウォールフック 刺さるほど鋭利なわけではありませんが、洗濯の動作でふいにぶつかった時はかなりの痛さです。
しかしながら、「バスタオルを掛ける」という目的があります。低すぎてはいけません。タオルが掛けるたびに床をこすってしまっては、掛けている意味がありません。そして、ハンガーに掛けた状態を想定しないと上手くは収まりません。
また「浴室から出てタオルを取る」という動作が困難な位置につけることも無意味です。

ウォールフックを取り付けるという、一言で終わるような作業でも、使う人とその状況を考えて取り付ける。
そんな細やかな心配りを常に心がけています。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




少しの油断が事後を招く|現場管理の重要性


建築関係者は自分自身の現場だと思って、もう一度考え直さなければならない、悲しい事件(事故ではないと考えています。)が起きてしまいました。

新築を建てる時にも、修繕をする時にも、たくさんの人の手を借りなければ達成できないのが「建築」という世界です。
始めから終わりまで、ゆがみなく施工されなければ、人の命にもかかわるということを、私を含めた建築の関係者は肝に銘じなければなりません。

現場では経験豊富ないわゆる「職人」といえる方が少なくなってきています。作業をしている人たちが、ほとんど日本語のおぼつかない外国の人という現場も、少なくありません。また、厳しい仕事ですから長くたずさわっている人も、少ないのが現状です。

建築の技術は進んでいるが建築にたずさわる人の技術力は問われなくなっている

ただ建築の技術は進んでいるので、複雑な職人的技術がなくても建築可能な仕組みなどもあります。
プレカット工法がその代表ですよね。指示の通りに作れば、安全で早く建設ができる仕組みです。時間がかからなければ、もちろん、コスト面でも優しい。

良いことだらけのように感じますが、それがさらに、現場の技術力を低下させる一要因となっていると考えます。

技術力を問われなくなった現場はたずさわる人間の責任感をも低下させてはいないだろうか?

今回の八王子の階段崩落では、警察の調べが進んでおり、新たな事実が徐々に発表されています。

腐食が確認された木材には、法律で義務づけられている防水加工などの対策がとられていなかったことが分かりました。

アパート階段崩落で住人死亡 相模原の建設会社など捜索 警視庁 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210502/k10013009381000.html

安いのには理由があります。

建築を現実的な安全を重視して行った場合、やはり相当の額にはなってしまいます。そのため住宅ローンという庶民でもマイホームを持てる、夢の仕組みが出来たのかと思います。

そして、多くの消費者が住宅を持てる選択ができる今は、価格の競争が始まってきます。
より安い材料
より高利率的な工程
そんな段階を過ぎ、コストを抑えるためにできることをやりつくした後は、現場の人件費を削る方へとベクトルが進みます。

その提示された価格の安くなった理由を、きちんと分かって契約しているお客様が何パーセントいるのでしょうか。そして、その安くなった理由を細部まで説明している施工業者がどのくらいいるのでしょうか。

悪循環です。

その悪循環を止めることが出来る人が、現場に実はいるのです。
それが現場監督です。

これから求められるのは人間面でも技術面でも信頼できる現場監督

その現場の施工には、たくさんの工程があり、その工程ごとに職人が入れ替わって一つの建築を完成させます。
その工程を全て把握し取り仕切るのが、現場監督です。

そのはずなのですが、実際問題としてただそこに存在しているだけの、現場を見ない知識だけの人もいれば、現場にはよく来て見てはいるが知識がないため指示が的確でない人もいるわけです。
そこは、施工業者の人材育成にどれだけ重きをおき時間をかけているか、また、本人が自分のするべきことへの責任をどれだけ理解しまっとうしているのか。

結局は、どの業界でも同じことなのです。大切ことは分かっていますが、実行できているかと言われると、胸を張って即答できない。

自分の責任を全うできる人と仕事をしたい

業者を擁護するわけではありません。
しょうがないと思えるような厳しい状況です。ですが、ここは踏ん張っていきたい。

最後にそこに住む人が泣かなければならなくなる、現状がただただ悲しいのです。

そんな厳しい中でも、自分の責任を全うできる人と、私は仕事をしたいと考えてますし、私自身も常に一級建築士の責務をはたしたいと行動しています。

つまり、こんな世の中だからこそ、最後に問われるのは人間性だと、強く思うのです。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




【施工事例|台東区O様 その2】毎日必ず入る部屋なので実はおしゃれにしたいけれど後回しになりがちな洗面室を変身させました


収納に便利な吊り戸棚で視界に雑音のない収納スペースを確保する

配管清掃の関係で、洗濯機の高さを調整しなければならなくなったO様。
洗濯機の下に空間をつくるために、専用の台に乗せることになりました。

どうせ移動をするなら・・・

ということで、洗面室のプチ・リフォームを決行することになりました。

洗面室の様子 Before (ビフォー)

どのお宅でも不満の一つに「収納スペース」の問題があります。

  • 収納の容量が少ない
  • 収納するとき出し入れがしづらい
  • 地震などの時の安全性に欠ける
  • ごちゃごちゃしていて生活感がまるだし
  • 整理整頓はしているはずなのに散らかっているようにみえてしまう
  • 空間を有効に活用できていない

などなど・・・

そこで今回は「 吊り戸棚 」を取り付けることで、いっきに不満を解決します。

洗面室の様子 After (アフター)

壁紙の濃淡は奥行きを出すテクニックなので狭い空間でこそ活きるワザ

床と奥の壁紙は、似たような色合いのダークなグレーで統一してあります。

暗い色は遠くにあるような錯覚がおきますので、実際よりも奥行きがある空間に感じられるんですね。

マーブル(大理石)柄は高級感が増すだけでなく、汚れやほこり・ごみが目立ちにくいのも良い点です。
洗面室は毎日使う空間で、キッチンと同じくらいに汚れやすい空間です。
掃除を毎日していても、髪の毛や糸くずなど、小さなごみが床に落ちていると思います。

収納の問題、安全面、そして毎日のわずらわしさから解放してもらえるプチ・リフォームとなりました

洗面室も壁紙を変えて収納を変更すると、同じ空間でもかなり変わった印象が得られます。
O様の決断が、O様自身へのご褒美となりますように、また、毎日頑張っている家事などの手助けになるような、リフォームになってくれればうれしく思います。

この洗面室プチ・リフォームですが、実はちょっとした気づきによって、もう一工夫することになりました。

ということで、その3に続きます。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




【施工事例|台東区O様 その1】壁紙張り替えでリビングから見えるキッチンカウンターがおしゃれに変身


一番合わせやすい色だと思っていた「白」より既存の家具にも合う上に高級感が感じられる「グレー」の選択

まずは写真を見てほしいと思います。

リビングの様子 After (アフター)
リビングの様子 After (アフター)

既存のペンライトやダークな色味のダイニングボード(食器棚)、黒と赤が印象的なダイニングセットも、もともと壁紙に合わせたかのような高級感を感じませんか?

施工前のお部屋は白の壁紙です。これはこれでおさまりがよいと思います。

リビングの様子 Before (ビフォー)

確かに「白」の壁紙はどんなテイストのインテリアにも合わせやすい印象がありますよね。
だからと言って安易に「白」ばかり選ぶのは、少し待ってください。
特に部屋の一部分だけを変える(リフォームや修繕する ) 場合は注意が必要です。
変更しない壁紙がもともと「白」だった場合、これまで暮らしてきたお部屋ですから、色味に変化が起こっているはずなんです。
まっさらな発色の良い状態ではないところに、新しい「白」をもってくると、残念なことにそこだけ悪目立ちしてしまうことが多いんです。

今回は、お客さまのお部屋のテイストやヒアリングで得た情報から、こちらの色をアドバイスさせて頂きました。
「白」や「黒」は無彩色と言って色味がない色になるのですが、その分他の色の邪魔をしません。
ただ、 「白」や「黒」 は明度が極端なんです。
そので「グレー」の出番です。
色味はないですが、他のインテリアと明度を合わせていくことによって、邪魔にならず周りを引き立てます。
また、汚れも目立ちにくい色味なので、部分的なお部屋の修繕などの時には、うまく使っていただけると良い塩梅に収まります。

「ペットがいるからしょうがない」は家族であるこの子に失礼だったのかも?やっぱり直してよかった壁の破損

今回の壁。修繕前の様子をもう一度写真でご確認ください。

角の部分だけ、DIYで壁紙を直されてらっしゃいます。

ご家族にワンちゃんやネコちゃんがいるお宅ですと、よく分かるかと思うのですが、壁紙がビリビリにされちゃうんです。
かく言う我が家にも、わんことにゃんこもおりますので、そのお気持ちは痛いほどに分かります。

「どうせまたビリビリにされちゃうんだし・・・」
と思いながら5年10年と過ごしていて、その間壁を見るたびに何度ため息をついていますか?

部屋全体を張り替えるとなると、家具の移動などもあって大掛かりな作業になえりますから、なかなか気乗りしないものです。

今回のお客さまも今までは自分で直したりしながら気持ちを抑えてらっしゃいました。
他にも気になるところがあり、壁紙を直すことになったのと、家具の移動までせずに、部分的な張り替えで満足できるプランが気に入ってもらえ、施工をすることを決断されたようです。

小さな不便が解消されたときの喜びを味わっていただけました

リフォームとしては大きな施工ではありませんでしたが、丁寧にヒアリングをし、施工後のアフターサービスも「ただただ喜んでほしいな」と思わせる良い関係が築けた案件でした。

こちらのお宅では他にも、小さな不満を解決する施工を何か所か行っています。
今回の投稿を「その1」として、次回以降アップしていきたいと思います。
この記事がまた一つ小さな不満を解決できることにつながれば良いと思います。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




【火災保険】経済的リスクの軽減|手厚く補償しているつもりが実は払い過ぎていませんか?


 

このブログでは、経済的リスクを減らす一つに火災保険を紹介しています。

この火災保険、うまく付き合えば金銭的な負担が減ることにつながります。
しかし、火災保険を知らないがために損している方もいらっしゃることを知りました。

火災保険は重複契約してもムダ
補償は多くもらえない

その一つが「重複保険」

これは同じ建物に2つ以上の火災保険会社に保険をかけていることを意味しています。

実際に重複して入っている方も少なくはなく、重複して入っている意味としては

  • 生命保険のようにかけている分だけもらえるから
  • 知り合いの保険屋さんに頼まれて入ったため重複した

この2つが主な理由でした。

2つ以上の会社に入っていた場合は按分

ここではっきりと申しますと火災保険は損害額以上にはもらえません。
そのため、2つ以上の会社に入っていたら各社按分することになります。

以上の理由から2社目以降の会社に入った場合には、その分の掛け金は無駄となります。

たまに、黙っていればわからないだろうという方もいらっしゃいますが、保険会社同士は横のつながりがあるので、調べればわかってしまうこともあります。

もしご自宅の火災保険が2社以上入っているとすれば、どちらかはやめることをお勧めします。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]