【施工事例|台東区O様 その1】壁紙張り替えでリビングから見えるキッチンカウンターがおしゃれに変身


一番合わせやすい色だと思っていた「白」より既存の家具にも合う上に高級感が感じられる「グレー」の選択

まずは写真を見てほしいと思います。

リビングの様子 After (アフター)
リビングの様子 After (アフター)

既存のペンライトやダークな色味のダイニングボード(食器棚)、黒と赤が印象的なダイニングセットも、もともと壁紙に合わせたかのような高級感を感じませんか?

施工前のお部屋は白の壁紙です。これはこれでおさまりがよいと思います。

リビングの様子 Before (ビフォー)

確かに「白」の壁紙はどんなテイストのインテリアにも合わせやすい印象がありますよね。
だからと言って安易に「白」ばかり選ぶのは、少し待ってください。
特に部屋の一部分だけを変える(リフォームや修繕)する場合は注意が必要です。
変更しない壁紙がもともと「白」だった場合、これまで暮らしてきたお部屋ですから、色味に変化が起こっているはずなんです。
まっさらな発色の良い状態ではないところに、新しい「白」をもってくると、残念なことにそこだけ悪目立ちしてしまうことが多いんです。

今回は、お客さまのお部屋のテイストやヒアリングで得た情報から、こちらの色をアドバイスさせて頂きました。
「白」や「黒」は無彩色と言って色味がない色になるのですが、その分他の色の邪魔をしません。
ただ、 「白」や「黒」 は明度が極端なんです。
そので「グレー」の出番です。
色味はないですが、他のインテリアと明度を合わせていくことによって、邪魔にならず周りを引き立てます。
また、汚れも目立ちにくい色味なので、部分的なお部屋の修繕などの時には、うまく使っていただけると良い塩梅に収まります。

「ペットがいるからしょうがない」は家族であるこの子に失礼だったのかも?やっぱり直してよかった壁の破損

今回の壁。修繕前の様子をもう一度写真でご確認ください。

角の部分だけ、DIYで壁紙を直されてらっしゃいます。

ご家族にワンちゃんやネコちゃんがいるお宅ですと、よく分かるかと思うのですが、壁紙がビリビリにされちゃうんです。
かく言う我が家にも、わんことにゃんこもおりますので、そのお気持ちは痛いほどに分かります。

「どうせまたビリビリにされちゃうんだし・・・」
と思いながら5年10年と過ごしていて、その間壁を見るたびに何度ため息をついていますか?

部屋全体を張り替えるとなると、家具の移動などもあって大掛かりな作業になえりますから、なかなか気乗りしないものです。

今回のお客さまも今までは自分で直したりしながら気持ちを抑えてらっしゃいました。
他にも気になるところがあり、壁紙を直すことになったのと、家具の移動までせずに、部分的な張り替えで満足できるプランが気に入ってもらえ、施工をすることを決断されたようです。

小さな不便が解消されたときの喜びを味わっていただけました

リフォームとしては大きな施工ではありませんでしたが、丁寧にヒアリングをし、施工後のアフターサービスも「ただただ喜んでほしいな」と思わせる良い関係が築けた案件でした。

こちらのお宅では他にも、小さな不満を解決する施工を何か所か行っています。
今回の投稿を「その1」として、次回以降アップしていきたいと思います。
この記事がまた一つ小さな不満を解決できることにつながれば良いと思います。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




【火災保険】経済的リスクの軽減|手厚く補償しているつもりが実は払い過ぎていませんか?


 

このブログでは、経済的リスクを減らす一つに火災保険を紹介しています。

この火災保険、うまく付き合えば金銭的な負担が減ることにつながります。
しかし、火災保険を知らないがために損している方もいらっしゃることを知りました。

火災保険は重複契約してもムダ
補償は多くもらえない

その一つが「重複保険」

これは同じ建物に2つ以上の火災保険会社に保険をかけていることを意味しています。

実際に重複して入っている方も少なくはなく、重複して入っている意味としては

  • 生命保険のようにかけている分だけもらえるから
  • 知り合いの保険屋さんに頼まれて入ったため重複した

この2つが主な理由でした。

2つ以上の会社に入っていた場合は按分

ここではっきりと申しますと火災保険は損害額以上にはもらえません。
そのため、2つ以上の会社に入っていたら各社按分することになります。

以上の理由から2社目以降の会社に入った場合には、その分の掛け金は無駄となります。

たまに、黙っていればわからないだろうという方もいらっしゃいますが、保険会社同士は横のつながりがあるので、調べればわかってしまうこともあります。

もしご自宅の火災保険が2社以上入っているとすれば、どちらかはやめることをお勧めします。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




【イベントレポート】味噌玉づくりに参加してきました【千葉土建一般労働組合市川支部主婦の会】


『味噌玉』ってご存知でしょうか?
『みそまる』と言われることもあります。
発酵食品である味噌を、手軽に食事に取り入れられるように考えられた 『味噌玉』 づくりのイベントに参加してきました。

なにかと注目されている発酵食品の代表『味噌』とだしや乾燥した具材をませて丸めたものが『味噌玉』で腸活にも最適です

簡単に『味噌玉』について調べてみました。

  • 考案者は藤本智子さん「みそまる」として紹介
  • 冷凍保存もできる
  • 基本の材料は、味噌180g、粉かつおまたは顆粒だし大さじ2、お好みの具材適量
  • 粉チーズ、ドライトマト、バジル、パセリ、砕いたナッツ類などで洋風アレンジもできる
  • 味噌は発酵するのに必要な微生物である乳酸菌、カビ、酵母という全種類が関わっているので「発酵食品の王様」とも言われている
  • 味噌の効果をより多く摂取するなら「非加熱」のものを選ぶとよい

『味噌玉』のメリットだけでなく、「味噌」の良いところもたくさんありました。

『味噌玉』が流行った理由は、そもそも「味噌」の栄養価が高いことと、手軽にできてアレンジも可能でお子様でも愉しく作ることができることなどが影響していそうです。

続きを読む 【イベントレポート】味噌玉づくりに参加してきました【千葉土建一般労働組合市川支部主婦の会】

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




【DIY】壁にマークをステンシル&ペインティングしました


リフォームエコライフの応接&ミーティング スペースとして利用している部屋の横の壁に、今回はマークを描き込んでみました。

『SHARED KITCHEN & LOUNGE』

こちらのマークが描き込まれていく様子を簡単に動画でまとめてみました。

お近くにお住まいの方限定ではありますが、レンタルもしております。
女子会、誕生日会、ママ会、文化教室、会議利用などにご利用いただいて、ここから新しいコミュニティーが生れ、地域に貢献できればと考えております。

ご予約やご利用に関するご質問は、リフォームエコライフ公式サイトのお問い合わせページhttp://t-ecolife.com/info.htm)より承っております。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




【市川市】地元ホテルの美味しい中華でお誕生日会でした


巷はコロナ禍で、飲食関連の産業は大きな影響を受けています。
千葉県では皆さまへのお願いとして

  • 夜の飲食店の利用では、特に「3つの密」を避けましょう。
    ガイドライン遵守のお店を利用しましょう。
  • 特に感染拡大している都内の繁華街の接待を伴う飲食店は、注意しましょう。
  • 多人数での会食の際は、大声での会話は控えましょう。

というような報道発表もあります。
そんな中ではありますが、お誕生日会を催すことに致しました。
もちろん、三密には十分に注意しています。

お伺したのは『 ジェイホテル 中国ラウンジ 味雅(みが) 』さんです。

続きを読む 【市川市】地元ホテルの美味しい中華でお誕生日会でした

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]