5月30日は「ごみゼロの日」 近隣のゴミ拾いを行いました

午前中に「ごみゼロの日」ということで、グループ会社のスマイルアップと合同イベントを行いました。会社周辺のごみ拾いと草刈りです。

草刈りの様子|船橋インター近くの道路脇にて草刈りをしました
船橋インター近くの道路脇にて草刈りをしました。

ここは通勤時間に意外と人通りがあるのですが、この時期、草の背丈がどんどん大きくなってくると、自転車や徒歩の方が大きく車道に膨らんでしまい、事故になってしまうのではと不安でしたので、ごみ拾いだけでなく草も刈りました。

草を刈ってみると吸い殻や空き缶などのごみも見つけやすいです。綺麗な場所にはポイ捨てもしづらくなるのではないかと思います。

草刈り開始直後の様子|今はまだ膝のあたりまでの高さですが夏が来ることには肩くらいになることも
今はまだ膝のあたりまでの高さですが夏が来ることには肩くらいになることも。
草刈り終了|随分とスッキリのではないかと自画自賛.これで安全に歩きやすくなったかと思います.
随分とスッキリのではないかと自画自賛。これで安全に歩きやすくなったかと思います。

とちゅうの道で大きな木片やタイヤが捨てられていたりもしました。
集合写真

船橋市では毎年、市民みんなの美化活動の日であり「クリーン船橋530(ごみゼロ)の日」」といいます。一緒には参加できませんでしたが、とても素晴らしい活動だと思います。
今後もいろんな形で地域の暮らしをサポートしていきたいと思います。



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。



市川市の落書き事件について

こんにちは。エコライフ事業部 WEB・広報担当の佐藤です。

弊社の本社がある市川市での落書き被害のニュースを目にしました。

今回が初めてではなく、11月にも同じ地域で同様の被害を受けていたというのですから、被害に遭った方々は大変なご苦労・ご心痛を抱えているのではないかと思います。
当社の社長にも、この件に関していくつか質問を投げかけてみました。

 

■今回の落書き被害を知って率直にどう思われましたか

「被害にあわれた方にはたいへん迷惑なことであり、遊び感覚で書いたとしても度を越しています。」

■被害に遭われた家屋の件数が多く、同時期に修理の依頼が複数挙がった場合、すぐに駆けつけてくれる業者さんも限られてくると考えられますが、その点はどうでしょうか。

「緊急のご要望にもお応えします。まずは伺って詳しい状況を知ることからですね。」

■何度も同じ被害を受けていれば、金銭的に相当な痛手を負うことになりますが、なにか防御策としておすすめの策はありますか。

「建物にかけている火災保険の特約でカバーができると思います。一度、証書を見直して、入っているかどうか確認されることをお勧めします。」

■その他にこの事件に関連する事が何かあればコメントをお願いします。

「犯人にプレッシャーを与えるという意味でもやはり防犯カメラは必要不可欠です。常時予測不可能な犯行に神経をすり減らせているわけにはいかない事を考えると、偽物のダミーカメラではなく本物の防犯カメラの設置が良いでしょう。今は安価なタイプのものもありますし、設置してあるカメラがダミーカメラだということを犯人に気付かれてしまっては本も子も無いですから。とはいえカメラ自体を壊されてしまうケースも考えられますので、まずは必ず今回の落書きのようなケースにも対応できる火災保険に入っておくことをお勧めします。お金で買える〝安心〟と〝安全〟ですから、積極的にこだわっていいと思いますよ」

 

落書き被害に限らず、不法侵入・不法投棄等、自宅の防犯に頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。
個人的なところで言えば、先日不在時に不法侵入らしき形跡が自宅カーポート付近に有り、警察に相談しました。
その時は防犯の知恵を幾つか教えていただきましたが、完全に「これでもう絶対大丈夫」という確信がない限りいつまでも心のどこかに不安が付きまとうものです。これから年末年始で家を不在にし、帰省する方も多くなる時期。できる限り心の不安は取り除きたいですね。
そういった意味でも今後もこの事件の動向はチェックしていきたいところです。

WEB・広報 佐藤

a0006_001597



地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください 地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、10分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。