令和直前!2019年の助成金・補助金 続々申請開始

令和直前!2019年の助成金・補助金 続々申請開始

各自治体 補助金・助成金 まとめ 2019年度版

4月になりましたので、各自治体で助成金や補助金制度がスタートになりました。
エコライフがお客様のお役に立てることのひとつとして、この。助成金・補助金の利用や申請の経験値が高いことがあります。
Google で検索してもらうと

船橋市 リフォーム 補助金
または
市川市 リフォーム 補助金

というキーワードですと、最初のページに載るようになりました。
これもひとえに、エコライフとご縁のあったお客様のおかげだと感じています。

市川市ではひきつづき

  • あんしん住宅助成 最大10万円(耐震性を高める場合は最大30万円)
  • 耐震に関する助成 最大76万円

船橋市では

  • 住宅バリアフリー化等支援事業 最大10万円
  • 耐震に関する助成 最大76万円

が申請開始または予定となっています。

【2019年度版】市川市助成金・補助金まとめ
【2019年度版】船橋市助成金・補助金まとめ

松戸市では

  • 耐震に関する助成 最大60万円
  • 高齢者住宅増改築資金助成 最大30万円
  • 障碍者住宅増改築資金助成 最大30万円

と、こちらも変わらず2019年度も申請できます。

【2019年度版】松戸市助成金・補助金まとめ

助成金や補助金には事前に申請が必要

助成金や補助金には事前に申請が必要になることがあります。依頼を検討しているリフォーム会社や工務店の方に、一度相談してみることをお勧めます。
しっかりした会社であれば、使える助成金や補助金の情報は、知っていると思います。
また、期日や予算が設けられているものもありますのでご注意ください。

その他にも所得税が控除される

今年度は合わせて、次世代住宅ポイント制度というのも申請できます。
介護保険のような、国の補助制度とは併用できないのですが、市区町村は行っている補助制度とは併用可能です。



母の誕生日を祝いました

前回の記事「今年になって感じること 1」でも少し触れておりますが、母がおりまして、こちらが時には圧倒されるほど元気です。
いつも陰から会社を支えてくれている、母への感謝の気持ちを込めて、従業員も一緒に誕生日祝いの食事会を開催しました。

選んだお店は 浦安ブライトンホテル東京ベイのレストラン カシュカシュ です。
ブッフェスタイルの良いところは、老若男女それぞれが楽しめるメニューがあるところですね。

マカロンタワーがお出迎え
マカロンタワーがお出迎えしてくれました。色が鮮やかで子どもや女性へ心配りが伺えます。空間の雰囲気造りにはこういったディスプレイも重要ですね。
自慢のローストビーフ
カシュカシュ自慢のローストビーフだそうです。目の前でカットしてくれます。やわらかいですが、しっかりと肉の味が楽しめます。母も気に入ってましたので、数回頂きました。母と私のおすすめは柚子のソースです。
子どもに食べやすいミートボールとサラダ
ミートボールとサラダ。子どもに食べやすいメニューです。
その他魚系や卵を使ったお料理
その他にも魚系や卵を使ったお料理もありました。
イチゴのデザート各種
イチゴのデザートフェア中でした。

苺デザート各種

いちごデザート各種
皆それぞれ盛り付けて楽しそうです。

 

母との写真

最後に集合写真をレストランの方が撮影してくださいました。誕生日プレートをサービスで出してくださって、良い記念になりました。

今、母の楽しみはひ孫たちと会うこと。私も可愛がっていますが、母は本当に幸せそうにお世話をしています。今度、ひ孫たちとも食事がしたそうに話していました。

母にはこれからも元気でいてほしいと思います。



1月から3月でも利用できるリフォーム資金のサポート制度について|所得税の控除が受けられるリフォーム減税をご存知ですか?

リフォームをして所得税で得をする

船橋市の「住宅バリアフリー化等支援事業」は1月前半に
市川市の「あんしん住宅助成」は昨年10月に
助成金の申請は終了してしまいました。

年明けの1~3月は助成金や補助金の申請が、毎年ほぼない時期になります。

1月・2月・3月でリフォーム減税は使えます

しかし、この時期でも利用できるのがリフォーム減税です。
これは簡単に言うと、所得税の控除になります。

浴室のリフォームを行った際に、必要な書類を揃えて確定申告をしますと、約10万円~13万円程度の控除が受けられます。
合わせてトイレもリフォームすれば総額15万円弱の控除が受けられます。さらに介護保険も利用することができます。

浴室は事故の起こる可能性が高い、生活空間ですので、こういった支援がありますとより安全な生活が確保しやすいので嬉しいことです。

建築士が発行する増改築等工事証明書が必要です

2019年(平成31年)の場合、確定申告期間2月18日(月)から3月15日(金)までです。

また、提出の必要な書類の中には、建築士などの有資格者(または団体)でないと、発行できないものがございます。
リフォーム会社を選ぶ際に、この書類(増改築等工事証明書と言います)が発行できるか、確認してみてください。
バリアフリーリフォームの確定申告における控除についてバリアフリーリフォームのリフォーム減税に関する確定申告の際の手順

まとめますと、浴室工事をお考えの方はリフォーム減税を使って工事をするが得策になります。

合わせて読みたい記事

 

 



トイレコーディネートコンテスト結果発表|第14回いちかわ産フェスタ

トイレのミニチュアで空間コーディネートのワクワクを体験してもらいたい

リフォームやインテリアコーディネートの楽しさに触れてもらおうと、毎年参加しているいちかわ産フェスタで、トイレコーディネートコンテストを開催しました。

当日は朝から雨模様。
会場のようす来場者の方々

それでもたくさんの方に興味を持っていただき、コンテストにも参加していただきました。

コーディネートの様子1コーディネートの様子2

お子さまにも好評でした。

トイレコーディネートコンテスト結果発表

「エコライフ賞」
No.11 岩田様
No.11-1 No.11-2

「スマイルアップ賞」
No.6 時田様
No.6-1 No.6-2

「いいね賞」
No.3 井上様
No.3

No.4 川島様
No.4

No.5 佐藤様
No.5

トイレはインテリアコーディネートが活きる空間

テレビでも、インテリアコーディネーターがリビングを全てコーディネートしてくれるようなコーナーが人気のようです。生活空間をおしゃれにコーディネートしたい方は、きっとたくさんいるかと思いますが、一部屋分を一気に統一すると思うと、なかなか進まないのが現実です。

上手くいかない根本的な原因の一つは「空間が仕切られていない」ということです。

リビングのある一画をコーディネートしてみても、目線の先は別の空間が広がっています。それら全てをコーディネートしようとすれば、費用も時間もかかって、結局面倒になり途中であきらめてしまうようなことはなかったでしょうか。

トイレなら個室であることがほとんどです。範囲も狭く、コーディネートにかかる費用も時間も短くなります。

そして効果も抜群です。

トイレから連想するイメージは、決して良いことばかりではないはずです。機能を重視した空間と認識していることの方が、お客様と接していても多いのが実情です。

でも、他のお宅にお邪魔して、トイレがおしゃれな空間になっていると、感心することはないですか。
百貨店のパウダールームは、入った瞬間に豪華なワクワク感で、自分が実はただ買い物に来ただけということを忘れてしまいそうになりませんか。

ドアを開ける動作の先に、違う空間が広がっている。それがよりコーディネートの効果を感じさせる要因もあると思います。
もしご興味がわいてきましたら、まずはDIYなどで始めてみてはいかがでしょうか。



5月30日は「ごみゼロの日」 近隣のゴミ拾いを行いました

午前中に「ごみゼロの日」ということで、グループ会社のスマイルアップと合同イベントを行いました。会社周辺のごみ拾いと草刈りです。

草刈りの様子|船橋インター近くの道路脇にて草刈りをしました
船橋インター近くの道路脇にて草刈りをしました。

ここは通勤時間に意外と人通りがあるのですが、この時期、草の背丈がどんどん大きくなってくると、自転車や徒歩の方が大きく車道に膨らんでしまい、事故になってしまうのではと不安でしたので、ごみ拾いだけでなく草も刈りました。

草を刈ってみると吸い殻や空き缶などのごみも見つけやすいです。綺麗な場所にはポイ捨てもしづらくなるのではないかと思います。

草刈り開始直後の様子|今はまだ膝のあたりまでの高さですが夏が来ることには肩くらいになることも
今はまだ膝のあたりまでの高さですが夏が来ることには肩くらいになることも。
草刈り終了|随分とスッキリのではないかと自画自賛.これで安全に歩きやすくなったかと思います.
随分とスッキリのではないかと自画自賛。これで安全に歩きやすくなったかと思います。

とちゅうの道で大きな木片やタイヤが捨てられていたりもしました。
集合写真

船橋市では毎年、市民みんなの美化活動の日であり「クリーン船橋530(ごみゼロ)の日」」といいます。一緒には参加できませんでしたが、とても素晴らしい活動だと思います。
今後もいろんな形で地域の暮らしをサポートしていきたいと思います。



市川市の落書き事件について

こんにちは。エコライフ事業部 WEB・広報担当の佐藤です。

弊社の本社がある市川市での落書き被害のニュースを目にしました。

今回が初めてではなく、11月にも同じ地域で同様の被害を受けていたというのですから、被害に遭った方々は大変なご苦労・ご心痛を抱えているのではないかと思います。
当社の社長にも、この件に関していくつか質問を投げかけてみました。

 

■今回の落書き被害を知って率直にどう思われましたか

「被害にあわれた方にはたいへん迷惑なことであり、遊び感覚で書いたとしても度を越しています。」

■被害に遭われた家屋の件数が多く、同時期に修理の依頼が複数挙がった場合、すぐに駆けつけてくれる業者さんも限られてくると考えられますが、その点はどうでしょうか。

「緊急のご要望にもお応えします。まずは伺って詳しい状況を知ることからですね。」

■何度も同じ被害を受けていれば、金銭的に相当な痛手を負うことになりますが、なにか防御策としておすすめの策はありますか。

「建物にかけている火災保険の特約でカバーができると思います。一度、証書を見直して、入っているかどうか確認されることをお勧めします。」

■その他にこの事件に関連する事が何かあればコメントをお願いします。

「犯人にプレッシャーを与えるという意味でもやはり防犯カメラは必要不可欠です。常時予測不可能な犯行に神経をすり減らせているわけにはいかない事を考えると、偽物のダミーカメラではなく本物の防犯カメラの設置が良いでしょう。今は安価なタイプのものもありますし、設置してあるカメラがダミーカメラだということを犯人に気付かれてしまっては本も子も無いですから。とはいえカメラ自体を壊されてしまうケースも考えられますので、まずは必ず今回の落書きのようなケースにも対応できる火災保険に入っておくことをお勧めします。お金で買える〝安心〟と〝安全〟ですから、積極的にこだわっていいと思いますよ」

 

落書き被害に限らず、不法侵入・不法投棄等、自宅の防犯に頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。
個人的なところで言えば、先日不在時に不法侵入らしき形跡が自宅カーポート付近に有り、警察に相談しました。
その時は防犯の知恵を幾つか教えていただきましたが、完全に「これでもう絶対大丈夫」という確信がない限りいつまでも心のどこかに不安が付きまとうものです。これから年末年始で家を不在にし、帰省する方も多くなる時期。できる限り心の不安は取り除きたいですね。
そういった意味でも今後もこの事件の動向はチェックしていきたいところです。

WEB・広報 佐藤

a0006_001597