排水溝のつまりの原因は?

本日、朝一番にOBの方から電話があり、キッチンのシンクに水がたまったまま流れないと連絡があり、必要な道具を揃えお伺いしていきました。

キッチンのシンクを見るとシンクの半分程度水が溜まっていて、全然減らないということでした。

まずは、キッチンに繋がれている外部の枡の確認。蓋を開けると枡の底には排水トラップ機能がついていました。(排水トラップとは「下水のにおいの逆流を止める仕組みや害虫などの侵入を防ぐ仕組み」のことです)

申し訳ございません。写真を添付しようとしたのですがあまりにもグロすぎて貼るのをやめます^^;

現在のキッチンは流し口にトラップがついていますので、この状況では2重トラップになってしまいます。そのため、排水の勢いが減少したせいか、トラップ付近に多くのカスや食材の残材が詰まっていましたので手を入れて少しずつかき出していきます。手が届かなくなったところで、配管に入れるワイヤーを差し込みかき出します。

その後、キッチンの排水口からワイヤーを差し込み、配管内部の汚物をかき出していきます。

見事、汚物を取り除き、一安心。

最後にアドバイスを残していきました。

「すぐに詰まるということはないと思いますが、キッチンの2重トラップはどうしても汚物がつきやすいので、できれば早いうちに枡の交換をお勧めします」と。

このように外部にトラップ付きの枡があるお宅があります。ほとんどの場合、築年数が古い建物になります。このような家の場合には、設備を更新した際に枡等の確認をし、2重トラップでないかどうか?もし、2重トラップになっているとしたら、その工事まで見てもらわないといけません。

リフォームは特別な知識がなくともできますし、知識がない会社も多数います。そんな会社に当たってしまうと後が大変だということを改めて実感した次第です。


パートナーとして信頼できる専門家に頼むことが一番

先日、お世話になっている工務店さんからお声がかかり、鉄骨の家を見て相談に乗ってほしいと依頼がり、現地に行ってきました。

話が長くなるので割愛しながら言いますと、賃貸で貸しているプレハブの物件で更新が迫っている中、借りている方が更新するのなら雨漏りがしている外壁を直してほしい。その他にも鉄部の足元が腐っているため、建物が倒れるのではないかという心配もされているということでした。

多くは不動産会社が管理に入っているため、そちらのほうで話し合いがもたれるのが一般的だとは思うのですが、この物件には管理会社を入れていないとのこと。

また、お金を含む資産管理はご主人がやっていたためわからないとのこと。

よくよく話を聞いてみると、この物件は当初から弁護士に契約を任せているということ。

ご主人は数年前から施設へ入っているということ。

そしてご主人様は認知症であることを知りました。

 

いや~、大変なことになってきたなという感じでお話を聞いていると、契約の中身も問題を発見。

要は、認知症に認定されるとその人は判断能力がないとみなされ、契約すらできないという事態にまでなります。

解決方法はありますが、すぐには実行できず、時間がかかることを前提に事を進めていかなければなりません。

このようになる前に相談できる方がいれば・・・

実はこの方、地主の方で多くの不動産を持っている方でした。そのすべてがご主人様が所有しているものです。

こうなる前に手を打っておかないと、最終的には資産が減ってしまうということにつながる可能性があります。

何事も事前の準備が大切だと痛感しました。

 


家に求められるもの 4

今何気に思ったのですが、地震に対して家は住まう人を守ってはくれません。また、地震による揺れに対して私たちの身体にどうこうといった被害を受けているわけでもありません。(ゆれで気持ち悪くなるとかとは別です)

他の災害は、例えば雨であれば「冷たい」、「寒い」等。台風であれば「吹き飛ばされてしまう」「冷たい」「寒い」

もしかすると地震という災害に関しては地震後の暮らしに対して住まう人を守ることが家としての役割かもしれません。

そう考えると、家にはある程度の食料や生活用水の備蓄ができるストックヤードの設置、トイレの確保(どのようなトイレかはまだはっきりしませんが・・・)、もっと言えばシェルター的な寝床の確保などは必要なのかもしれませんね。


家に求められるもの 3

前回、想定外の災害に関してはリスクバランスが最終的な決定要素になると書きました。そこでリスクをどう考えるかをもう少し掘り下げて書いていきたいと思います。

危害を及ぼすすべての要因に対してその発生頻度や被害規模を全くなくすことはできません。となると絶対の安心はあり得ないという事を理解しなければならないということになってきます。

地震に関しても同じことが言えるかと思います。震度6強以上の地震は百年に一度起こるか起こらないかといわれています。また、連続で巨大地震が起こる可能性があることも今回の熊本地震で明らかになりました。現在の基準では連続で起こる巨大な地震を考慮していません。そう考えると、今の基準で作られた家ですらも住み続けるということは絶対とは言えなくなってしまいます。熊本地震では2000年以降に建てられたとみられる木造家屋が51棟全壊しているそうです。理由は今現在はっきりとしたものはありませんが、絶対安全とは言えないことを証明しているようにも感じます。

ではどう考えたらよいのでしょうか?

北野大教授は以下のように言っています。

「天災は忘れたころにやってくるという名言で知られる寺田寅彦には、もうひとつの名言があります。物事を怖がりすぎることも、怖がらないこともやさしいが、正当に怖がることはなかなか難しい、というもの。正当とはリスク・レベルを理解する、ということですね。ここが『賢い消費者』につながる気がします」

理解のためには、やみくもに知識を追うだけではなく、五感を働かせることも大事だ。「僕は食品の賞味期限を見るだけでなく、味覚や嗅覚(きゅうかく)を信頼して自分で確かめるようにしています。安全レベルを追求しすぎると、コスト的に高いものになってしまうから、常にバランスを取る感覚が大事だと思います」

要は 五感、そしてバランス感覚が問われるといっています。そのバランスは人によって違いますのでこれだというものはないかもしれません。しかし、このバランス感覚がないとコストを無視してしまうため最終的に良くない結果が待っているのかもしれません。

 


家に求められるもの 2

地震に対して家は住まう人を守ってはくれないということ。

他の天災に関しては住まう人を守ってくれますが、地震は揺れ。この揺れに対しては何もしてくれません。逆に凶器にもなってしまう存在になります。そのため、家は住まう人を地震からは守ってくれませんが、大きな地震が来た時には生命を守るため、倒壊しないという条件を満たすように作られています。

もう一つ、津波に対しても同様なことが言えます。(今回の記事に関しては津波のことに対しては別問題として考えます)

なぜ地震や津波に関して家は住まう人を守ってくれないのか?

シンプルに言えば、コストがかかる事が最大のネックと考えます。他にも理由はあるとは思いますがやはり金額を抜きにしては語れないでしょう。

建物の多くは大地震を経験せずに一生を送ります。数百年に一度来るといわれる大地震に対し、どこまで性能求めるのか?求めるのであればどこまでお金をかけるのかが問われることになります。

今回の熊本地震では、連続で大地震が起きたことが想定外であり、どれを信用して良いか判断がしづらくもなってきています。

家に求められる最低のものをもう一度整理してみます。

一般的に起こるとされる災害に対しては、完璧に住まう人を守るための性能を保持している事。

想定外の災害に関しては住まう人のリスクバランスが最終決定するため、どこまで性能を求めるかを決めて、それに対する安全性が確保できる仕組みが備わっている事が条件になりそうです。


家に求められるもの 1

前回書いた「なぜ、家が必要なのか」で、家に求めているものは「安全で安心な暮らしがしたい」と定義しました。そして安心な暮らしの中には、住まう人に対し生命を脅かす危険を回避できることが重要だということも書きました。

今回は「生命を脅かす危険の回避」とは何かを紐解いていきたいと思います。

まず、頭に浮かんだものは雨風をしのいでくれる事。一時的なものであれば命に関係はないと思いますが、ずーっと続くとなると話は別です。

次に浮かんだのは、雪、あられや雹、雷、そして台風や突風等の天災に対して守ってくれるということ。

そしてもう一つ、盗難や犯罪等に巻き込まれないということ。

以上が思い浮かんだことです。

まとめると、家とはベースに、雨風を含む天災から守ってくれる。そして防犯面にも期待しているということが言えると思います。

上記の事を改めて考えてみると現場でも当てはまることがあります。

雨漏りはリフォームの中でも多い悩みの一つになります。何とか雨漏りを止めてほしいという切実なる願いの向こうには、じめじめして健康に良くないとか、家がもっとダメになってしまうなどの先のことを心配する気持ちが表れていると感じます。

また防犯面では、セコム等のセキュリーティーは一般家庭でも多く見受けられます。マンションではオートロックが当たり前にもなってきています。

しかしここで気づかれた方もいらっしゃるとは思いますが、地震に対してはどうでしょうか?


なぜ、家が必要なのかを考える 最終

マズローによれば生命維持のための根源的な欲求が満たされることで、次の欲が出てくる。それが安全の欲求といっていますので、この説に合わせて考えていきたいと思います。

まずは、「安全・安心な暮らしがしたい」という安全、安心の定義が重要になっていきます。

安全とは 危険がないこと。傷病などの生命にかかわる心配、物の盗難・破損などの心配のないこと

安心とは 心配・不安がなくて、心が安らぐこと

安全は客観的な事実で評価はできるが安心は主観的なものであるとも言っています。また、基本的には安全の基盤があるから安心があるともいえそうです。

ここまで来ると「住めるところ」とは安全で安心な暮らしができるところと定義しても良いかと思います。そして、住まう人に対し生命を脅かす危険を回避できることが重要だということ。

それを叶えてくれるのが「家」ということではないでしょうか?

家は人の欲求を満たす最高の形だからこそ必要なんですね。


なぜ、家が必要なのかを考える 3

欲といえば、自己実現理論。 アブラハム・マズローが言っていたのは「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生き物である」と唱え、人間の欲求を5段階に分け、理論化したもので「マズローの欲求段階説」とも言われています。

マズローが提唱した人間の基本的欲求は

生理的欲求

これは生命維持のために必要な睡眠・食事・排泄等の本能的・根源的な欲求といわれています。

今回の熊本地震によって極端なまでに生活のあらゆるものを失った場合、生理的欲求がどの欲求よりも強く働くとされています。

しかし、時間が過ぎることでこの欲求は満たされ、人は次のレベルへと欲が出るとも言っています。

その欲求が

安全の欲求

人は「安心・安全な暮らしがしたい」という欲求です。家で言うなら、雨風がしのげる事、健康でいられる事になります。また、存在を脅かす犯罪等の危険を回避したいという生を脅かさない事の欲求です。

このことを当てはめるのなら、車で過ごすという考えは「安全の欲求」から外れているのではと思います。

車の中でいれば、雨風はしのげます。しかし、安心・安全がキーワードの中で健康でいられるかということと、人の生を脅かす犯罪等の問題はクリアーにはなりにくいのではないでしょうか?


なぜ、家が必要なのかを考える 2

ちなみに

「住めるところではない」

とネット検索すると、

暮らしにくい 暮らしづらい 住みにくい 人の住む所ではない 人の住む所じゃない 人の住めるところではない 人の住めるところじゃない 住みづらい 非居住地域の アネクメーネの 居住不適の 居住に適さない

と出ました。

要は、住めることはできるが「適していない」「暮らしづらい」といった、根本的に人間の欲が前面に出ている感がします。

仮に欲がそうさせているとなると、車中泊がダメという理由も理解できます。

では、どんな欲があるからなのでしょうか?


なぜ、家が必要なのかを考える 1

熊本地震で多くの家屋が被災し、一時的な入居先として無償提供する公営住宅の抽選会を熊本県、熊本市が実施しました。多くの応募が殺到したそうで、抽選に外れた人は「どこでもいいから住めるところを」と涙ながらに訴えたという記事がありました。

また、別の記事では自宅が歪み、車中泊も経験したが、抽選にははずれ涙を流しながら「あと2年は働きたい。仮設住宅でも何でもよいから住めるところがほしい」と訴えたそうです。

「住めるところ」とはいったいどのような場所なのか?

車中泊も経験した方もいらっしゃる中で、車は住まいには適さないと言いっています。

何故なのか? 空間が狭いからなのか? それではハイエースのような車であればOKなのか?

ちなみに私は小さいころよく押入の中が寝床でその中で寝ていました。ある意味狭い空間が心地よかったのを記憶しています。

だとすると空間が狭いということが最大の問題ではないのかもしれません。当然膝が曲がるような、横になれない状態は別としてですが。

それでは寝るところはあっても、キッチンやリビング、トイレ等が無いからでしょうか?

もしそれらが揃っていれば良いということであればキャンピングカーでもOKということになります。

テレビでも清水国明さんがボランティアでキャンピングカーを提供しています。

ある意味、これでも暮らしていけるとは思いますが、多くの人の望みではないような気がします。

では、「住めるところとは」どのようなところなのでしょうか?