クロス張替え工事②

こんにちは、古川です。
先日ブログにアップしたM様邸のクロス張り工事が昨日完了しました
洋室
クロス張り工事自体は1日で終わりましたが、クロスが落ち着いた後に
(張り替えた直後は水分を多く含んでいるため、水分が蒸発するのを待って)
クリーニング・消毒の業者さんが入ってくれました
消毒
白いクロスでより明るくキレイなお部屋に仕上がりました
今回、年末も近いということでキッチンや窓のクリーニングもご依頼されました。
昨日はお天気にも恵まれ、お掃除日和だったのか業者さんが
玄関のクリーニングもサービスでやってくれました
キレイになった洋室に、お客様も安心して娘様ご家族をお迎えできることでしょう


雨漏り点検

昨日は雨漏りの検査をして参りました。天井を一部壊して、上から水をかけ検査をさせていただきました。天窓も少し雨漏りがしておりましたので、こちらも同じように水をかけて検査をさせていただきました。原因は板金屋根の勾配が緩く、風の吹込みで水が伝わり周っているようでした。天窓の一部を交換し、板金で補修後、コーキング処理をする予定になっています。はせがわP1040375 のコピー P1040377 のコピー


熊手を新調!

こんにちは、古川です。
昨日、専務と常務で浅草の鷲神社まで熊手を新調しに行かれました。
今年は酉の日が2日しかないということで、不況にも関わらず、たくさんの人で賑わっていたようです
せっかくなので、『熊手の由来』について調べてみました。
1、鷲の爪のわしづかみ…運を鷲づかみすると言われるように、
鷲の4本ツメのうち3本を熊手の手に、1本を柄とした3本ツメの熊手が後に5本ツメになり、
「運をかっこむ」熊手守りになったと言われます。
2、戦勝を祈願した軍扇…戦場に赴く武将が神仏に戦勝を祈願する際に軍扇を奉納し、
めでたく勝ち戦にて帰陣したさいには、軍扇は熊手のように反り返った骨だけに
なっていたことから、その故事にあやかって「開運を招く」熊手守りになったとされます。
3、実用の農具から縁起物へ…酉の市の始まりは江戸近在の農村である、
葛西花又村の収穫祭と言われます。その日は鎮守である鷲大明神に市がたち、
農具や地域の農産物が露店で商われました。
それらの中で、落ち葉などを「掃き込む、かき込む熊手」と大きな唐の芋「頭の芋」、
粟で作った黄金色の「黄金餅」が、江戸市中からの参拝者が増えるに従い実用性より、
洒落っ気を加えた縁起物へと変化していったと伝えられます。
熊手
この熊手を見ると、師走の足音が聞こえてくる感じがします
今年も残すことおよそ1ヶ月。良い年越しを送れるように、気を引き締めていこうと思います
皆様も寒い時期ですが、風邪など引かないようにお気をつけくださいね[emoji:e-446]


クロス張替え工事

こんにちは、古川です。
今日は市川のM様邸にて洋室のクロス張替え工事[emoji:e-420]です。
Mさま
娘様が里帰り出産の際、気持ちよく生活できるようにとのM様のご配慮で
今回の工事が決まりました。
建具はこげ茶が多いので、クロスは白をご要望されました。
リフォームの際、クロス選びのポイントは
『厚めのクロスを選ぶこと』です。
新築の壁はフラットですが、リフォームの場合は壁自体が反っていたり、
下地調整はしますが、それだけでは完璧にはフラットにならないので
薄いクロスを選んでしまうと、粗が目立ちやすいんです[emoji:e-258]
完成したらまた写真[emoji:e-94]をアップいたします!!


UBのリフォーム工事

 現在リフォーム中の現場をご紹介いたします
こちらの現場は在来の浴室からUBへの交換です。
築年数経っているお宅ですから、シロアリの被害もありました。
013 1123
新しい土台を注入し、更に金物で補強しました。
この金物は自社のオリジナルの金物ですが、アンカーボルトの役割を果たします。
適材適所で金物を合わせますので、安心です。
山根画像 022 山根画像 055 山根画像 005
また、家というものはすごいもので土台がやられていても、壁面がしっかり支えているそうです。
今回のUBの壁も必要最小限取り払い、あえて残しています。
断熱材もしっかり入れ、いよいよUBの設置です  完了しましたらまたアップします
ワタナベ


耐震診断のお家

26860_1_400.jpg
本日も先日専務より紹介ありましたお客様とウィークリーマンションへ見学に行ってきました。きっかけは市の耐震診断にいらして、依頼されたようでした。南側の地盤が弱く、少し沈下しているようで、その影響が家の中にも出てきている状態でした。大きなお宅で、本や物が多いですので、それらをまとめて収納できる部屋、快適なリビング、ダイニング、キッチンなどをつくる予定になっております。ウィークリーマンションの見学の後に、短期間、家のものを預かってもらえるという引越し屋さんとも打合せをさせていただきました。また進み具合を書き込ませていただきます。はせがわ


浴室・洗面室リフォーム

こんにちは、古川です。
めっきり寒くなってきた最近、コート無しでは生活できないほどです[emoji:e-330]
みなさんはもう冬の格好でしょうか?
さて今週、打合せから担当していたお宅のリフォーム工事が終わりました。
浴室と洗面室のリフォームです[emoji:e-68]
他のお部屋がこげ茶&白でコーディネートされていたので、統一感を出すために
リフォーム部分もこげ茶&白でまとめてみました。
P1040095.jpg
奥様のセンスが光るこだわりの空間に仕上がりました[emoji:e-420]
他にも、浴室・洗面室に暖房を設けたり、
防犯性と通気性の両面に効果的なルーバーを浴室の窓に一体化させたものを選んだり、
洗面室には小物を飾るのに最適なニッチを造作したりと、
デザインだけでなく機能までこだわった気持ちの良い空間が仕上がりました。
P1040105.jpg
P1040091.jpg
これから、寒い日が続いても心身共に温まりそうな浴室・洗面室ですね[emoji:e-224]


私たちがお役に立てること

2008年の後半ごろに耐震診断をした方から、家の耐震補強も含めたプラン及び工事を依頼されています。
その住まい手は、パーキンソン病という病と闘いながら生活していて、生活において大変ご苦労をされているとおききしました。
実はこの家、地盤沈下で家が傾いています。施主は出来ればこの家に住み続けたいという強い思いがあり、その実現のためにお手伝いしているというわけです。
詳しくは、担当の長谷川にゆだねたいと思います。
専務


またまた、劇的ビフォーアフター

以前放送された劇的ビフォーアフターは、
ボクシングの世界チャンピオン、内藤大助氏の奥さんの実家のリフォームでした
“森の木の代弁者”と呼ばれる建築家(正直、ネーミングが大げさで、毎回”誰が呼んでるんだ”と笑ってしまうのですが…)
あらゆる場所に木材を多く取り入れていて、浴室の木と白いタイルの組み合わせは素敵でした
壁もクロスより木がお洒落
アカマツ材やパイン材などは月日が経てばあめ色になり、逆によい風合いがでます
最初はクロスより高いので抵抗があるかもしれませんが、長い目でみたらお得なのでは…
また、以前にも書きましたが、住む人の人数にあった家の広さがあると思います。
今回も狭小住宅のリフォームでしたが、私は家族みんなが肩寄せあって、ぬくもりを感じながら暮らしているような、そんな狭さがちょっと好きです
テレビに出てくるお家は極端に狭いのですが…
子供が巣立ち夫婦2人の家はガランとして寂しいイメージがあります
そんな家は浴室を広くとったり、ウッドデッキを作ったり、趣味の場所をつくれば、寂しいどころか楽しい家になると思うのです。
今注目の減築という発想です
私ならリビングを吹き抜けにします。サンルームも欲しいかも…。
浴室やトイレやベランダを広くしたり、衣類の入れ替えの手間を省くため広いウォークインクローゼットも作りたいです
さて、話は戻りますが、新しくなったお家でチャンピオン一家と義父母の5人が驚き、喜ぶ姿はとても幸せそうでした
sanada[emoji:v-22]


いかがでしょう

こども部屋の改修工事のついでに廊下のクロスも張替ました。
元々は黄色っぽいクリーム系のクロスでしたがこの際思い切ってまったく違う色を選びました。
向かって左側と正面突き当たりを茶系にし落ち着いたイメージにしてみました。
好みの問題もありますが 私 個人としては気に入っています[emoji:v-353]
P1010476.jpg
クロスの色・柄でまったく違うイメージになります。
遊びこころも取り入れ冒険してみるのも楽しいですね[emoji:v-218]
武田[emoji:v-254]