富士山


富士登山計画を実行しました。
今回はスタッフ全員の参加にはなりませんでしたが計画通り頂上まで行き一人ひとり感動を味わってきました。
P1010257_20090831111220.jpg
河口湖口の五合目から登り始めて下山まで約12時間。
P1010261.jpg
天気にも恵まれ最高の景色と空気を体いっぱいに感じることができました。
何度登っても頂上まで登りきった満足感と感動は素晴しいものです。
嬉しさのあまり毎回頂上に着くと万歳をしてしまいます
武田



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




可能性


天才ピアニストの辻井伸之氏は赤ちゃんの頃に演奏者を聞き分けていたそうです
お気に入りはブーニンで、彼の演奏を聞くと嬉しそうに手足をバタバタさせて、他の人の演奏では同じ曲でも反応しなかったとか…
それを見抜いたお母さんは賛嘆ものです
人は誰でも必ず他の人より優れているものを持っているのだそうです。
いわゆる一握りと言われる成功者達はそれをうまく見つけられた人だと言います。
自分の可能性を信じる事が大事ですね
sanada[emoji:v-22]



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




コミュニケーションボード


こんにちは、古川です!
突然ですがみなさん、ご家族やご夫婦・親子でコミュニケーションはとれていますか?
コミュニケーションはとれているものの、大切な約束を忘れていたり、
報告し忘れていたり、
「○○は誰とどこに?」
「出張は何日から何日まで?」
なぁんてことは?
そんな方におすすめなのが、コミュニケーションボード。
いろんな素材がありますが、主流なのは黒板やコルクボード、ホワイトボードなどです。
黒板2
ホワイトボード
これがあると書いたり消したりできますので、お子様がいるかたは
お絵かきボードになりますし、お勉強を教えるのに使えますし、
お気に入りの絵葉書を貼ったり、写真を貼ったりしても楽しめます。
使い勝手もいいので、書斎や仕事場にもおすすめです。
他にも使える場所はありそうですね[emoji:e-420]



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




家の脇に大きな穴


先日、船橋市役所に住宅の相談に来られた方が建築士会を通し、私のところに依頼が来た。
話の内容は、
家の裏手の敷地に大きな穴が開いていた。その穴はつい最近の大雨の時に出来たということ。
また、家の方に向って頭ぐらいの横穴があいていたそうである。
その後、ご自分でバケツ20杯程度の土を入れ様子を見ている。
なぜそうなったのか、不安でたまらず相談したという。
それではということで現地に行き現場を見るが、穴は土で埋めてあるため原因がわからない。
家の方に伸びている横穴についても、床下に入り掘ってみる必要があることを説明。
次回、床下の調査を行なう予定だ。
専務



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




エコ


こんにちわ。
はじめまして、渡邉と申します。
私は今回がブログ デビューです!
はじめなので最近、関心をもったことを書こうと思います。
わたしはなかなか物を捨てられないタイプで、例えば洋服でしたら
学生時代の洋服もクローゼットにねむっています。
(歳は秘密ですが・・30歳代です)
あまりにもお部屋が手狭になってしまったので、捨てるもの・あげるものに
分けて整理したものの、どーしても手放したくないものがありました。
きっと、そのまま着たら時代遅れになりそうなものです・・
そこで自分でリメイクして着たいと思い、船橋市にある洋裁教室に行ってみました。
ほとんどの方が着ている洋服が、手作りと聞いてびっくりしました!
今後、この教室に通い古い服も自分の手でアレンジして、着れる日が来ることを
楽しみにしている、今日この頃です☆
物を大切にし、破棄する前に一度考えてみるのも エコにつながるかと思います。
住宅でもいえることかと、私は思います。
産業廃棄物が日本はやはり多いということですから。
もう少し耐久性を高めて、永く住める住宅が増えることを期待しています。
弊社も耐震補強・リフォーム等に力を入れておりますから、是非ご検討くださいませ。
それでは



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム