久しぶりに鉄骨工事


朝から打合せが入っていましたので、お仕事をいただける元請けさんの事務所に行って来ました。
しばらくぶりの鉄骨工事の打合せ。
私が父親の会社に入って早17年。最初は鉄骨の職人としてスタートしました。
工場では建物の柱や梁、階段、手すりなどの製作。
K21-12.jpg
そして現場に行けば鳶のように高いところにのぼり10cm程度の巾の梁の上で作業するなど今では考えられないこともしていました。
それから月日は流れいつの間にかリフォーム部隊に編入。
今では鉄骨工事には携わることが少なくなりましたが、たまにお話があるとウキウキしてしまいます。
(なぜウキウキするかって?それは次回機会があればお話いたします!)
もとい、今回の話に戻りますと、ミ○○ホームの外構の案件でゲート(鳥居型の門)を作りたいとの事でした。寸法のチェックをし、工程を決め、帰ってから図面の作成と久しぶりに味わう作業でした。
鉄骨屋さんはいいですよ~!
いろいろな現場にいけたり、いろいろな体験をしたりと。
思い出に残る工事もかなりあります。
若かった時、銀座の三越の改装工事や渋谷駅構内の改修、長野のオリンピック時の新幹線関連の仕事など。また、ディズニーシーでの工事など、今ではなかなか縁がない仕事ばかりでとても楽しかった~。
by  専務



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください