世のため人のためとは

会社では「世のため人のために頑張ろう」とか「人の役に立つことをしよう」とよく言っています。しかし、この言葉がどうもしっくりこないようで、「かっこつけている言い方」とか「きれいごと」だとか感じているスタッフがいます。(私がそう思っているだけかもしれませんが・・・)

昔の私はまさにそのような考え方をしていました。しかし今では納得できるレベルまで心が磨かれたようですが、ほんの少しだけ心に引っかかるものもあることは事実です。

ですが、それをも払しょくする言葉がみつかり、今では心から思えるようになった次第です。

それは「人の役に立つこと」とは「その人のニーズに合ったことを提供すること」でもあるということです。

なーんだ、と思う方もいると思いますが、私はこの言葉でですべてが解決できました。


「笑う」という意味

弊社のスローガンに「明日のためにもっと笑顔を」があります。

また、弊社グループである不動産会社の名前は「スマイルアップ」

どちらも笑顔がキーポイントになっています。

「笑顔」や「笑う」とはどんな意味があるのでしょうか?

「幸せだから笑顔になるのではない。笑顔だから幸せなんだ。」

「幸せの神様は笑顔に惹かれてやってくる」

「笑う門には福来たる」

いろいろな語録や名言がありますが、笑顔には幸せや福というものがセットになっていると思います。

 

また、「笑い」-「わらい」-「和来」

笑いは心を和ませる力をもっています。

笑いとは人の心に和みを運んでくれるとも訳されます。

 

大切にしたいことですね。

 

 

 

続きを読む 「笑う」という意味


感謝の意味とは・・・

弊社の社訓の中の一つに「感謝」について書かれている文があります。
一、素直にありがとうと言える心を持つ。
実際に毎日感謝の気持ちでいられることは少ない。
意識をしていなければ、感謝すらできない。
そして「当たり前」という言葉がつい出てしまう。
なんでもっと感謝する気持ちを持てないのか・・・
そんな時、見つけちゃいました。
感謝とはやるべきことを尽くしているという心の喜びをもっているということ。
やるべきことを尽くしているという自分の良心の満足が、周りに対して感謝となって表れてくる。
感謝の心で接していくとすぐ道は開ける。感謝は人への信頼を呼び戻してくれるもの。
もし、今満足していないとしたら感謝の気持ちが足りないから。
なるほど、そういうことだったのか~。
社長


『おはようさん』

朝の第一声は「おはよう」という言葉が多いのではないだろうか。
家族間での挨拶、そして仕事場等での挨拶。
「おはよう」「おはようございます」「おっはー」「おはようさん」・・・
このように日本語には多くの言い方があり、私自身としてはなぜか
「おはようさん」
と言う事が多い。
調べてみるとこの言い方は京都圏で多く使われているそうだ。
「おはよう」は、漢字で書けば「お早う」。
「おはよう」の語源は、語源由来辞典によると「お早く○○ですね」などの「お早く」であり、
この「お早く」が転じて、「おはよう」になったと書いてある。
「お早くからお仕事大変ですね」
「お早くからいらしていましたね」・・・
相手への敬意を表すことばが本来の持っている意味になるそうだ。
だから、「おはよう」は朝だけの挨拶だけではない。
夜のお仕事や芸能界での挨拶が夜でも「おはよう」というのは理にかなっているのだ。
朝の挨拶を英語で言えばGOOD MORNING。
これは、時間の区切りを表す言葉である。
「いただきます」「もったいない」などの日本語は英語では表現できないという。
まさしく「おはよう」もしかりで、その一言の中に相手を思い遣る心が詰まっているのだ。
日本語はすばらしい。
by専務


ふと、目に止まった文章。

先日、ある会の仲間たちと居酒屋に集まり今後のあり方を議論していた。
そんな中、途中でもようしてきたためトイレに行った。
トイレの中に入ると目の前に額が飾ってあり、そこにはこんなことが書かれていた。
-------------------------------------------------------------

商売はあきないという
それは、おもしろくてしかたがないから、あきないなのだ
いつもおもしろいから、笑顔がたえないから、「笑売」となる
「いらっしゃいませ」
「ありがとうございます」
いつも活発だから、「勝売」となる
あきない商売を、おもしろくないと思っているとすぐあきる
いつも不平不満や愚痴がでて、心が次第に傷ついて「傷売」となってしまう
こんなお店には、そのうち誰もよりつかなくなり
「消売」となって消えてしまう
「笑売」をしているのか
「傷売」をしているのか
「勝売」をしているのか
あきない商売をしているのか

                     
                   
                 仙臺四郎 著
 
ネットを調べてみたところ、仙臺四郎さんは江戸末期の仙台に生まれた方で、明治時代、「何時もニコニコと四郎さんが立ち寄る店は必ず大入り満員で商売繁盛した」という商売繁盛の福の神として商人に大切にされた方とのことです。また彼は人を見抜く力があり、ずるい人や意地悪い人は大嫌いだったそうです。
胸にずしーんときました。
トイレはすごいですね!
以前こんな話も聞きました。
K-1や格闘技で活躍していた須藤元気氏。
彼は格闘界を引退をしましたが、決意したのがトイレの中だそうです。
小便をする際、目の前にある張り紙がはってあり、
そこには
「一歩前へ」と。
それを見たとき引退の決意をしたそうです。
本当は別な意味のことなのですが、前向きに捕らえる考え方が素敵です。
これは必然だといっていました。
笑っちゃいますが、すごいことですね!
by専務


『働く』とは…

こんにちは、古川です。
ずいぶんと哲学っぽいタイトルですが、本日の社内勉強会の経営理念について
みんなで考えているときの専務からの問いかけです。
みなさんはどう考えますか?
『働』は「人」「動」に分けることが出来、「人のために動く」と言う意味が含まれているそうです。
また、『はたらく』という言葉から「傍」+「楽」で、傍=まわり+楽=らくで、
「まわり(周囲)の人たちを楽にする」という意味もこめられている』と専務の話でありました。
楽という字は「たのしい」という意味もありますね。
これからは、周りの人が楽になるように努めたいと思いました。
それにしても、日本語は奥が深いですね。
まだまだ勉強しなくてはいけないことが一杯あるな、と感じた勉強会でした。


「ありがとう」は魔法の言葉

先週、スマップの草君が復活しましたね。
ファンにとっては待ち望んでいたSMAP×SMAPに登場で嬉しかったことと思います。
1曲目は『ありがとう』を歌ってくれましたね
「愛されてるってこういうことがないとわからないよね」と言ったメンバーもいました。
いつもなんでもない当たり前のことも当たり前だと思わず常に「ありがとう」の気持ちで
ありがとうと言葉にだすことが大切・・・by専務
出来そうで出来ないことですが心がけたいと思います
武田


情けは人の為ならず

情けは人の為ならず
この諺、耳にされた方は多いのではないでしょうか?
でも本当の意味を知っている人は意外と少ないようで…
情けをかけて甘やかす事は必ずしも本人の為にならないからかけすぎるな
と言う意味に思っているのではないでしょうか?
本当は、人に情けをかければ巡り巡っていつか自分に返ってくる。
だから結局自分の為だと言う意味なんです
とても温かい諺ですね
sanada


叶うとは?

先ほどスタッフの武田が「叶いますよーに」とブログを書いていたので
少しばかり、「叶う」とは何ぞやという事で考えてみたいと思います。
「叶う」という漢字は口と十に分けることが出来ます。
このことから口で言葉に出し、10回言うと叶うということになりそうです。
以前自社で勉強会を開いていたときに以下のようなことを学びました。
「願望や夢等を実現したければ口に出して言いなさいと」
そう、これはアファーメーションと呼ばれる自己宣言です。
アファメーションとは、自分に対して語りかける肯定的な宣言の言葉のことであり、
自分に対して意識的によい言葉を選んで言い続けることによって、自分自身の意識や心のあり方を変え、自分の望む方向にすすんでいく方法です。
ぜひとも何かを願ったり、達成したいことがあれば口に出して肯定的に言ってみて下さい。
きっと、思っていたことが叶いますよ!
専務