【施工事例|台東区O様 その3】そのすき間を有効活用|あきらめずに合うものを見つけに行く旅


洗面室のおまけの話です。
施工前の写真をもう一度確認してもらうと分かるのですが

アップにしてみます・・・

ここです!!
見つけられましたでしょうか?

このハンガーです。
これがお客様の日常の動線上になくてはならないものだったのです。

使い勝手の良いハンガーをかける場所がなくなってしまったお客様。
「しょうがないものね・・・」
少々さみしげにつぶやかれます。
「他が綺麗になったし、しばらく使ううちになれてくるものね。少しの間の我慢よね・・・」と、心の声が聞こえてきそうです。

でもまってください!
そのちょっとの我慢は本当に時間が解決してくれますか?

少しの我慢が時間で解決できるお客様はそもそもその置き場所にこだわりをもたないものです

その時気になる違和感は、なくならないと思った方がよいです。
長年の経験からそういえます。
そのちょっとした違いが気になった時点で、毎日の少しの我慢がスタートしたと思って間違いなしです。
「他は気に入っているんだけど、やっぱりここが気になっちゃって・・・」と、再度依頼をされるお客様のなんと多いことか!!

なので是非、その小さな不満は解消しておくべきと考えております。

その時に施工代は追加されますが、良心的な業者であれば、うまくスケジュールに組み込んでくれますので、気が付いた時に早めに言って欲しいと思います。
施工が「追加」の場合と、新たに始める場合では、やはりかかってくる費用が変わるのです。
病院の「再診」と「初診」で料金が違うのをイメージされると、分かりやすいでしょうか?

そもそもそのうち慣れるものごとであれば、リフォーム後に気になってないものなんです。新しい見栄えで喜びを感じている中で、目にとまることはないのです。

同じくするのでは一級建築士の資格が泣くということで更に使い勝手の良いものに

以前までと突っ張り収納の思いがけずできたスペースを、有効活用されていたのですが(この狭いスペースに役割を持たせたお客様のアイデアもなかなかです)、人の動きの中で「ちょうどいい」を適切に考えて、高さなどに意味を持たせるのがプロの仕事。

ここで施工後の写真を見てほしいと思います。

まずこの幅にちょうど収まる、そしてデザイン的にもこの空間に収まる、そういった ウォールフック を見つける旅に出かけることになりました。
しかしなかなか見つからないんです。そう上手くはいかないかとあきらめかけた時に、IKEA であるという情報を入手。早速店舗に駆け付けましたが、なんと在庫切れ・・・。しかしこれも縁でしょうか。私の熱意が伝わったのか、店員さんも神対応で応えてくれて、倉庫の奥に眠っていた在庫を見つけ出してくれました。

これで後は取り付けるだけとなりました。

この ウォールフック 刺さるほど鋭利なわけではありませんが、洗濯の動作でふいにぶつかった時はかなりの痛さです。
しかしながら、「バスタオルを掛ける」という目的があります。低すぎてはいけません。タオルが掛けるたびに床をこすってしまっては、掛けている意味がありません。そして、ハンガーに掛けた状態を想定しないと上手くは収まりません。
また「浴室から出てタオルを取る」という動作が困難な位置につけることも無意味です。

ウォールフックを取り付けるという、一言で終わるような作業でも、使う人とその状況を考えて取り付ける。
そんな細やかな心配りを常に心がけています。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




【火災保険】経済的リスクの軽減|手厚く補償しているつもりが実は払い過ぎていませんか?


 

このブログでは、経済的リスクを減らす一つに火災保険を紹介しています。

この火災保険、うまく付き合えば金銭的な負担が減ることにつながります。
しかし、火災保険を知らないがために損している方もいらっしゃることを知りました。

火災保険は重複契約してもムダ
補償は多くもらえない

その一つが「重複保険」

これは同じ建物に2つ以上の火災保険会社に保険をかけていることを意味しています。

実際に重複して入っている方も少なくはなく、重複して入っている意味としては

  • 生命保険のようにかけている分だけもらえるから
  • 知り合いの保険屋さんに頼まれて入ったため重複した

この2つが主な理由でした。

2つ以上の会社に入っていた場合は按分

ここではっきりと申しますと火災保険は損害額以上にはもらえません。
そのため、2つ以上の会社に入っていたら各社按分することになります。

以上の理由から2社目以降の会社に入った場合には、その分の掛け金は無駄となります。

たまに、黙っていればわからないだろうという方もいらっしゃいますが、保険会社同士は横のつながりがあるので、調べればわかってしまうこともあります。

もしご自宅の火災保険が2社以上入っているとすれば、どちらかはやめることをお勧めします。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




配管の水漏れ修理をできるだけ費用を抑えて考えた結果をご報告します


配管の水漏れ施工ビフォアーアフター
配管の水漏れ施工 ビフォアー(左)アフター(右)

今回のご相談は、長年の水漏れの結果、床にまで腐食が進んでしまったお住まいの補修でした。

キッチンは長年の水漏れで床にも影響が出ています。
キッチンは長年の水漏れで床にも影響が出ています。
配管はキッチンと浴室までつながっています。合わせて修理をしていきます。
配管はキッチンと浴室までつながっています。合わせて修理をしていきます。

出来る限り家計に負担がかからず、可能な限り安全で長持ちする方法を色々と模索しました。

続きを読む 配管の水漏れ修理をできるだけ費用を抑えて考えた結果をご報告します

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




プロが傍にいることがいかに大事か


市川市や松戸市等では去年の台風15号、19号、10月25日の大雨で被災してしまった方には住宅の修繕支援というものがありました。簡単に言ってしまうと罹災証明を取った方であれば補助金がいただけるという事業です。

しかし、多くの方はこの支援制度を知らず、補助金がいただけないという事実を知りました。

なぜこの支援制度を知らなかったのかまとめてみますと

・樋や屋根の一部が損傷していたが、たいしたことだとは思っていなかったため特に何もしていなかった。

・たいしたことではない程度の損傷だったため、罹災証明を取るということを知らなかった。

・罹災証明書がどう役に立つのか、どう使うのかを知らない

・罹災証明書を取ったが、住宅の支援制度までは聞いていなかった 

・気が付くのが遅く、補助金申請の申請期間が過ぎていた 等

国は基本的に冷たく、向こうから教えてくれることはありません。そのため、私たちが情報収集をして自分で申請をした人のみ適用になるのが普通です。

また、期限をつけて区切ります。1日でも遅れれば受け付けてはくれません。

今回、弊社のお客様もなかなか連絡が取れなかったため情報が伝えられず、最終的に1日遅れて申請しましたが受け付けてくれませんでした。

この制度は工事費の2割を支援してくれる制度でしたので、利用できた人は資金面で大いに助かったことと思います。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




市川市の方は罹災証明書を手に入れてください!


台風15、19、21号で被災されて方は、損傷の大小にかかわらず罹災証明書を手に入れてください。

罹災証明書とは、地震や台風、豪雨などの自然災害や火災などで住居が被害を受けた際に、 家屋の被害状況を「全壊」「大規模半壊」「半壊」「一部損壊」等に分類して、 認定・発行される証明書のことです。また、自然災害による被害の場合には市町村役場などの自治体が罹災者の申請を受けて罹災証明書を発行します。 発行された罹災証明書は主に、各種被災者支援制度が適用できるかどうかの判断材料として活用されます。

一般的に家の被害が 「半壊」 以上であれば支援を受けられることが多いのですが、今回の災害に関しては各市町村で独自のルールで支援しています。

例えば、市川市では災証明書の判定結果が「一部損壊」でも見舞金を出しています。ちなみにお隣の船橋市では「半壊」以上で見舞金が出ます。

また、罹災証明書を取得している方には今後、義援金として支援があると聞きました。

その他にも固定資産税、国民健康保険の減免、住宅の修理を一部負担してくれる等いろいろな支援があります。

最後にもう一言、 数万円程度の小さな補修費でも被災したことになります。たいしたことと思わず被災した方はぜひ罹災証明書を取得することをお勧めします。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]