公団のマンションでもユニットバスは素敵になります

昨年末から工事を開始した、公団タイプの浴室改修工事。

一般的には公団タイプの浴室はほぼハウステックの「ユニッテリア」かタカラの2社が独占状態でした。そのためお客様の選択余地があまりなく、「大変満足いく浴室にリフォームした」という声はそれほど多くないように感じられます。

今回、ご紹介する工事案件は上記2社以外のTOTOのユニットバスで改修工事をしました。

それではまずは既存の浴室の写真です。

P1090499

それでは、改修後の完成写真をご覧ください。

CIMG0098

CIMG0101

CIMG0104

浴室内の大きさは既存の浴室より多少小さくはなりますが、見た目、そしてTOTOの最新機能がついていることを考えるといかがでしょうか?

実はTOTOのユニットバスを納めるためには、豊富な知識が必要になります。そのため現在では誰もが失敗なくできる商品ではないということ。多くの業者は無理だといってプランさえ上がってこないことが多いようです。

公団に住んでいる方で、より機能性を求めている方、見た目をもっとよくしたい方にはTOTOのユニットバスも検討する価値はあると思いますよ!


既存マンションのオートロック化

以前にもご紹介しました、既存マンションのオートロック化。これから需要がより増してくると思われる工事の一つだと予想しています。

既存のマンションをオートロックにするには、エントランスに扉がある事。そしてポストをオートロックにした扉付近に設置することが基本になります。

今回のご紹介するマンションは既存扉を利用した例です。

費用は120万円程度です。

施工前のエントランス入口です。

dscn7718

ポストが奥にあります。

dscn7713

そのため最終的にこのようになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これで防犯面もバッチリです。

投資家の方々がマンションを購入する際、オートロック化で防犯面の強化を打つことでイメージアップが図られます。

また、一般住宅においても、オートロックの波は近づいてきていると感じています。

まだまだ一般的ではない後付のオートロック。

ご興味のある方はお問い合わせくださいね!


リフォームは想定外のことが当たり前・・・

板橋区でマンションのエントランスにある扉をオートロックに仕様変更する工事をさせて頂いています。

途中までは問題なく工事が進んでいましたが、最後の最後でまさかの出来事が・・・

まさかの出来事とは、既存の集合ポストが扉を開けて入っていったホールの壁に設置してあるため、既存を外し、外部に新規の集合ポストを設置しようとしたときでした。

DSCN7710

マンションはRC造でタイル張り。普通に考えると、ポストの裏面はタイルが貼っているはずと思い込んでいましたが、外すと一部合板張りになっていました。

P1200764

リフォームの恐ろしさがここにあります。

またひとつ勉強させていただきました。

 

 


浴室工事でほとんどの場合が・・・

江戸川区のM様邸にて 浴室の改修工事をさせて頂きました。

まずは既存状態から

DSCN7640

DSCN7641

 

施工後は

P1200041

P1190983

このようにきれいで快適な浴室になりました。

 

しかし、ここまで来るにはそれなりの処置をしないといけないという事実があります。その処置とは・・・

 

在来の浴室の多くは、リフォーム時期を迎えるころには土台やその周辺の柱が少なからず朽ちているものです。過去、仕事をさせて頂いて、まとも土台や柱きれいな状態である例を見たことがありません。

今回のリフォームでもかなりボロボロに進行していて、補修工事も大変でした。

P1190888

見にくいとは思いますが、現状は浴室入口が一番ひどく、土台全体に水が回っていました。また、柱の一部もスカスカ状態のところもありました。

早速、土台を交換し、弊社で自作した後付土台アンカー金物を設置しました。柱も悪い部分を取り補強していきす。

1929

浴室の工事はこれら土台の補修が必ず必要になると思っておいた方が良いでしょう。

 


N様邸新築工事 リフォームから得たこだわり 2

N様邸新築工事では主寝室にもこだわってみました。

まずは天井の一部を高かくし、開放感あふれる空間を提案。

天井が高いって、本当に気持ちがいいんですよ!

P1010154

階段の奥に見える扉はウォークインクローゼットです。

P1010158

P1010167

P1010163

 

そして、寝室からオープン階段を上がっていくとロフトになります。

P1010176

P1010172

かなり広々としたロフトです。当然天井高さは法律に合わせていますので、大人が立って歩くことはできませんが、収納スペースとしては十分に確保できました。

ロフトとはいえしっかりと機能面を果たす役割を付け加えました。夏場の事を考え、寝室の暑さ対策や自然の空気の流れを確保するために窓を配置。この小さな窓があるだけで明るさも含めかなりの効果を発揮してくれます。

リフォームで多く聞かれる悩みの一つが、夏場のロフト内の熱さです。そのため、換気扇や窓を取り付けてほしいという要望があり、比較的コストもかかる工事になります。そのリフォームでの経験が今回の窓の設置へとつながっています。


N様邸新築工事 こだわった点 1

それではN様邸の全貌を少しづつ解き明かしていきます^^

まずは、アプローチそして玄関内の式台にこだわってみました。

DSCN7826

DSCN7827

N様邸では、高齢のお母様がいらっしゃいます。当初は1階の床の高さを道路に対し、特に高くは想定していませんでした。むしろ、低く考えていたくらいです。

しかし、この地域は水があふれだす地域でもあり、N様のご希望により、出来る限り1階の床高さを道路からより高くしたいとのことでしたので、最終的にスロープから階段によるアプローチにしました。

DSCN7837

そのため、玄関の上がり框も高く設定することとなり、式台を設置することで段差を解決しました。

DSCN7847

また、式台を斜めに設置したのは、玄関内をより広く使えるようにすることと、1段目の式台がいす代わりのなることを想定をしたためです。

 


減災を取り入れた耐震補強例

実際に減災を取り入れた耐震補強をご紹介いたします。

今回ご紹介するのは昨年市川工業高校の建築科の一部の生徒が無料で行っている「町内まるごと耐震診断」と呼ぶ、木造家屋の現場学習兼ボランティア活動を行っている活動の延長線で、耐震診断結果が良くない家を実際に補強したという案件です。

市川市では他の市よりもかなり個人の家の耐震補強に力を入れており、「あんしん住宅制度」という制度を設けている市でもあります。この制度を使うことで、最大30万円の助成金が出るため、経済的な負担を和らげることで、多くの人たちに利用してもらう事を目的としています。

また、最大の魅力は国が定める基準に達していなくても適用できるという点がありがたく、本当に助かっている制度でもあります。

 

それでは、市川市新田のK様邸を例にとって説明していきます。

K様邸は診断時に1階においてはX方向が0.43、Y方向が0.52という診断結果でした。この状態を市川工業高校の八島先生アドバイスの元X方向を0.72、Y方向を0.93にする案を提案し、補強したということです。

実際の工事内容は以下の通りです。

2015-10-18 18.09.05

DSCN7362

工事前の状況です。

 

P1170673

P1170674

壁をはがし、筋交いを入れて強くしていきます。

 

P1170758

金物でしっかりと固定していきます。ここが各社の腕の見せ所でもあります。なぜなら、いかに他の所を壊さず、指定の金物を付けるかが問われているからなんです。

 

P1170825

P1170831

石膏ボードも耐力に含まれます。

ここで大事なのが、既定のピッチでビス止めすることです。

 

P1170968

最後にクロスを張って終了です。

 

実際にはもう一カ所耐力壁を作りましたので、K様邸は3箇所の耐力壁を新設しました。また、この工事は居間のみで行う工事としました。

費用はリフォーム費用も入れて約96万円でしたが、助成金が30万円出ましたので、実際にかかった費用は66万円程度になりました。

 


収納と実用性、そして楽しさを追求したキッチンリフォーム

先日終わりました市川市菅野のO様邸でキッチンのリフォームをしましたので、ご紹介させていただきます。

ブログにはアップしませんでしたが、去年の暮れに浴室、洗面室のリニューアルを行い、今回は第2期工事としてキッチンをリニューアルいたしました。

今回の趣旨は、パートナーの方が料理をメインで作られていることを意識し、収納力、使いやすさををさらに引き出し、そして、料理自体をより楽しみながらコミュニケーションを図れる空間にすることを目的としました。

P1010023

 

P1010032

 

image5

 

結果は

 

7668

 

DSCN7685

 

DSCN7676

そして、キッチンの収納にもこだわってみました。

P1190488

P1190484

キッチン前にカウンターを作り、その間に小物や調味料が置ける収納スペースを提案。

カウンターや収納スペース内の素材は、液体がこぼれれも大丈夫な仕様です。

コンセントも付けちゃいました。^^

キッチンの反対側にも作業スペースができたので、料理も楽しく作れますね!

 

 


黒と白のトイレ空間

トイレ交換のご紹介です。

文京区のT様は黒がとても好きで、キッチンの壁を黒にするなど、一般家庭とは一味違ったスタイリッシュな空間をお望みです。(ある意味、店舗の内装に近い感じですね)

今回のご要望は、トイレに不具合が発生したため、トイレ自体を交換し、よりスタイリッシュにすること。

DSCN6975

いろいろ悩んだ末決まったのは、TOTO GG ウォシュレット一体形便器。タンク式でありながらローシルエットを実現したトイレです。

DSCN7394

P1170852

写真の角度がうまくなくてすみません。

しかし、バッチリいきました!


銀座でちょっとした工事を

OBのS様から連絡があり、銀座のお店で、壁の一部を抜いてほしいと依頼があった工事のご紹介をします。

更衣室と厨房の間にある間仕切り壁。通り抜けができるようにとご依頼をいただき、早速工事へとかかりました。

2016-03-02 18.44.24

事前に壁厚や周辺の情報を仕入れ、一日で終わるよう段取りを組みました。

養生をしっかりとして、壁材をはがして

P1190385

枠を設置し、取り合いの補修をして完成です。

1386

作業は9時から初めて夕方4時には完成でした。

完璧主義な私にとって、このように段取り良く仕事がはかどると、とても気持ちがいい!

やはり職人気質の私だからでしょう^^