鉄骨の外階段|錆(さび)て腐食した部分を修繕


鉄骨階段、鉄骨廊下、鉄骨の修繕工事が得意です

今回の修繕は、エコライフの得意分野でもある鉄骨
古くなったからといって、全てを取り替えるのでは費用がかかりすぎますよね。
現場で確認をしたところ、部分的に錆(さび)からくる腐食が見られました。
ただし全てがダメになってしまっているということでもありませんでした。(鉄骨は丈夫なんですね。)
そこでお客様と相談した結果、元々あるものを残し、補強・補修を行うことになりました。

修繕を依頼されたのは、外階段と門柱になります。

工事前鉄骨階段の様子
鉄骨の外階段の様子。錆(さび)による腐食が進んでしまっています。
工事前門扉の柱の様子
工事前の門柱です。地面に近い根元部分の腐食が進んています。
工事前門扉の柱腐食部分アップ

錆(さび)を落としてみると階段が地面から離れてしまっていました

鉄骨階段の錆(さび)を丁寧に落としていくと、新たな事実が判明しました。
なんと階段を支えているはずの梁(はり)にあたる部分(ササラと業界用語では言います)が、ほぼ宙に浮いてる状態でした。

鉄骨解散ササラ腐食部分アップ
鉄骨階段ササラ補強後の様子
補強をします。
鉄骨階段踏板腐食部分撤去後の様子
踏板も腐食が進んている箇所は撤去。
鉄骨階段踏板溶接後の様子
新しい踏板を溶接してしっかりと補修。

錆(さび)止めと仕上げをしていきます

鉄骨階段防錆塗料塗装後の様子
鉄骨階段です。 錆止め塗料(さび止め塗料)を 丁寧に塗っていきます。
門扉の柱補強後の様子
根元が腐食してしまい地面から離れかけていた門柱も、
補強をして塗料を塗るときれいに仕上がりました。

仕上げの塗料を塗って、外階段の修繕工事は完了しました。

鉄骨外階段修繕完了写真

鉄骨の修理で多いご相談の内容は?
建物・設備を持ちこたえさせる修繕工事

今回はエコライフのホームページをご覧になった、一般住居用の鉄骨階段に関する修繕工事をご紹介致しました。
エコライフで受ける鉄骨関連のご相談の多くは、アパートのオーナー様からです。個人の一般住宅は珍しいことでした。
アパートですと外階段のある建物は珍しくありません。

アパートのオーナー様からは、安全面の確保と修繕の費用とで悩んでいるということも良く聞きます。
鉄骨でできている階段や廊下は、外にさらされている分、どうしても経年劣化が起きてしまします。
いざ修繕となった場合、全てを新しいものと取り替えるとなると費用の面での心配もありますし、特に築年数が経っているアパートなどでは、建物本体よりも新しくした階段や廊下が長持ちしてしまうような状態になりかねません。

今回の修繕内容を見ていただけると分かるように、使える部分も多い場合には、 鉄骨でできている階段や廊下を持ちこたえさせる修繕工事も、ひとつの案かと思います。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください