ホスクリーン


三寒四温と言いますが、まさしく!
寒暖の差が激しい今日この頃、皆様 体調など崩されてはいませんか?
暖かい春は待ち遠しいですが、ツラい花粉の季節がやってまいりました。
今年は特にひどい気が…
目のかゆみ、くしゃみ、鼻水…マスクは手放せません。
化粧もままならず、顔も頭もボ~としてます。
さて、一昨年の今ごろ、ホスクリーンという室内簡易物干しなるものを
ニューファミリーと言う新聞に載せたところ、沢山のお問い合わせ、発注をいただきました。
花粉の季節ももちろん、続けてくる梅雨時の洗濯にも役立ちます。
ぜひ、ご検討下さい
花粉症の同志の皆さん、頑張って辛い時期を乗りきりましょうo(^o^)o
hosukuri-nn のコピー

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




トイレの交換をいたしました


先ほどの炭を床下にしきましたお宅で、トイレの交換もいたしました。
既存の手すりが、下地にしっかりとまっていなかったため、ぐらぐらになっていましたので
クロスを張る前に大工さんに下地を入れてもらい、手すり、ペーパーホルダー、タオルかけなど設置いたしました。
P1090691.jpg before
P1100712.jpg after
P1100713.jpg after

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




床下の湿気対策に炭を利用


市川のF様邸にて、節水型のトイレ交換及び畳表替えのリフォームをしてきました。
当初は特別問題がないと思い、いつもお世話になっている畳屋さんにきてもらい、畳を引き上げてもらいました。
すると、畳の下の荒床がカビている事に気づきました。
P1100668.jpg
急遽、原因を調べるため床下の状況を確認することに。
畳の下の荒床には空けて入る場所がなかったため、のこぎりで切って荒床をはずしました。
内部を覗き込むと、
P1030178.jpg
結構、じめじめしていて地面がうっすらと湿気を帯びているようで、かび臭い臭いがたちこめてきます。
P1100683.jpg
この状況では、健康にも害がないとはいえません。
どうやって対応するかを考え抜いた末、最終的にポリエチレンフィルム(防湿フィルム)を敷き、炭を床下に並べて置く手法をとりました。
炭の効力ってものすごく、湿気に対して抜群の効果があり、臭いに対しても消臭効果があります。その他に、有害物質を取り去ってくれるなどいい事づくめ。
今回は、8帖のお部屋だったため、約384リットル分の炭を用意しました。(一袋8リットルなので、48袋用意しました)
早速工事の予定を変更し、湿気対策へと準備を整え、地面の上にポリエチレンフィルムを敷いていきます。
P1030187.jpg
P1100823.jpg
その上に、炭が入った袋を並べて
P1030203.jpg
荒床を全部張り替えて
P1030208.jpg
完成です。
P1030210.jpg

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




エコポント情報!


こんにちは、古川です
今日も寒いですね
皆様、暖かくしてお過ごし下さい
さて、今日は「住宅版エコポイント」のお話です。
地球温暖化対策の推進、および経済の活性化を目的として去年からスタートした制度です。
その予算総額は1、000億円
今、予算残額が400億円、つまり6割は活用されたということです!

ですので、対象期間である今年末前に予算を使い切ってしまう可能性があるらしいのです。
弊社でも、多くのお客様にご利用していただいているので、この結果もうなずけますが…
エコポイント制度はお家のどこかに断熱工事をすると、初めて申請対象となります。
「断熱工事」と言うと、「壁や床に断熱材を入れる」と大掛かりなものを
考えてしまいますが、「窓に内窓をつける」というのも含まれます。
もちろんどちらも対応できますが、お手軽なのは「内窓」工事(0.2㎡以上)になります。
脱衣所で寒い思いをされてる方や結露でお悩みの方に
「内窓」の効果が実感でき、ポイントも付く、この時期に設置されることをおススメします!
img_c02_04.jpg
ここで今年始まった新たに対象となった工事をおさらいです。
■節水型トイレ
■高断熱浴槽
■太陽熱利用システム
上記3つの工事が新たに加わったモノです。
ですので、「トイレ」や「浴室」のリフォームを考えている方も、
エコポイントが付く仕様で是非一度ご検討下さい。
光熱費の削減にもなりますし、環境にもやさしく、お財布にもやさしいんです
予算がなくなる前に、お得な体験をされてみてはいかがでしょう?

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




S様邸 浴室・洗面室改修工事②


松戸市S様邸の浴室・洗面室改修工事の続きになります。
櫻井様解体後の下地補強工事 011
構造体である土台、柱の一部を交換し、金物で補強しました。
写真に写っている土台と基礎を緊結している金物は弊社で作ったものになります。(他社とは違い、鉄骨工事を自社で行っているため、なんでも出来ちゃいます。)
弊社で作るため、必要な時に必要なだけ作り、現場の個々の寸法等も柔軟に対応できる事が自慢です。
櫻井様解体後の下地補強工事 029
壁の下地を組みなおし、ユニットバスを支えるためのコンクリートを打設しました。
P1060423.jpg
洗面室の壁や床の下地が思ってたよりも悪かったため、洗面室の床や壁も追加工事として手を加えることになりました。
解体後の下地補強工事 014
構造部の補修工事、給水、給湯配管及びコンクリート打設が終わると、ユニットバスの組み立てに移ります。
P1060428.jpg
ユニットバスが組み終わると洗面側の内装工事に移り、電気、水道もつなぎます。
じつは今回のリフォーム、S様がご依頼された理由の一つとして浴槽の水を抜くと浴槽の水が逆流してくるということで、ここ最近、浴槽に浸かっていないということでした。
そのため、浴室につながっている排水管の点検及び清掃も合わせて行いました。
(この時はまさか○○○が配管に詰っているとは誰も思っていませんでした。)
家の廻りにある枡の蓋を開け、流れはよくなったことを確認
クロスと床のCFも貼り終え、洗面台を設置し、照明はダウンライトに変更しました。
S様邸の浴室・洗面室工事のポイントは、二重サッシを洗面室の窓に設置しすることで権利が発生するエコポイントの即時交換。
インプラス(2重サッシ)の設置に合わせ浴槽の蓋をサーモバス専用の蓋にし、浴室内の手摺、段差解消、ドアの幅を大きくすることによりさらにプラスしたエコポイントがもらえます。
工事は順調に思われまたが最後の最後になって思わぬ展開へ・・・
完成の写真と結末はまた次回のブログで更新させていただきます
takeda

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]