住宅エコポイントの裏技で賢く節約!(浴室の場合)


今年の1月より、住宅に対するエコポイントの枠が広がりました。
主な点は3つ。
1、太陽熱利用システムの設置

2、節水型トイレの設置
3、高断熱浴槽の設置
1、の太陽熱に関しては数十年前に朝日ソーラー等のもので流行ましたが、現在ではあまり需要がなく、アフターを考えるとまだまだ設置をためらう商品のように思います。
そして今回、 エコポイントをより多くもらうための裏技 としてご紹介したいのが、3の高断熱浴槽の設置及び2の節水型トイレです。
3の高断熱浴槽の設置とは簡単に言うと、浴槽に溜めているお湯が冷めにくくなっているかということです。
現在では浴槽に断熱材(保温材)が付いている商品も多く、フタを専用のものに交換する事で条件が満たされます。
ちなみに、高断熱浴槽にすることで今までの浴槽との違いは、
4時間後の温度変化にあります。
従来の浴槽では約5℃下がるそうですので、最初に42℃だった場合には37℃になってしまいます。
高断熱浴槽にした場合は、4時間後には40℃、その差は3℃程度になります。
3℃の差をたかが知れているといえばそれまでですが、4時間後の温度が37℃ではぬるま湯感覚、40℃ではまだまだ暖かい、もしくは熱いぐらいの感覚ではないでしょうか。
特に家族が多い場合には、入る時間帯がはらばらがなため、より追い炊きを使用していることが多いと思います。
実はここが問題なのです。
追い炊きをするということは給湯器でお湯を温めるという事になります。
このお湯を温めたりするエネルギーは、
家庭で消費されるエネルギーの約1/3にあたります。
この給湯(お湯を温める作業)をより賢く節約する事は環境にも配慮する事につながるわけです。
という事で効果のほどはお分かりいただけましたでしょうか。
そして肝心なエコポイントについてですが、上記のように浴槽の断熱化ということはほとんどの場合、ユニットバスにリフォームすることが多いと思います。
逆に言えばユニットバスにリフォームする場合、絶対つけたいオプションが
・浴槽の断熱化
・浴室ドアの段差が少なくなるドアに変更(有効開口が650ミリ以上)
・浴室内の手摺
上記のオプションをつけるだけでエコポイントがなんと
55,000ポイントももらえるのです。
ただし、条件があります。
それは、
1箇所以上、2重サッシを取り付ける。
浴室のリフォームをする場合、洗面室の窓、トイレの窓のどれかに2重サッシを取り付けます。
そうする事で、エコポイントの権利が発生します。
多くの戸建の場合、洗面やトイレの小さな窓が付いています。
この部分を2重サッシにすると、1箇所の費用は
約35,000円程度。
この2重サッシの部分でもエコポイントが 7,000円発生しますので、
合計62,000円のエコポイントになります。
弊社で工事した場合には、上記の条件で施工すると実質値引きが約9,000円、浴槽の断熱化及び2重サッシは無料でお付けいたしますという事になります。
さらに、弊社独自の「エコライフポイント」で更なる値引きがあるため、お得感は十分にあると思います。
ぜひとも浴室のリフォームの際は上記の内容をご検討してもそんはないですよ!
by専務



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




セカンドライフの間取り


こんにちは、古川です
少し寒さが和らいだと思ったら、また厳しい寒さに逆戻りですね
皆さん風邪など引かぬよう、うがい・手洗い・マスクの着用など予防をおススメします。
先日TV(BS朝日)にて、セカンドライフをテーマにリフォームされたお宅が取り上げられていました。
建売住居をご購入されたそのご夫妻のリフォーム前のお宅は
■とにかく寒く、冬場は廊下が冷蔵庫のようだった
■寒い日はリビングにホットカーペットを敷き、コタツを置き、石油ストーブを焚き、エアコンをつける程だった
■リビングでくつろげない(暗く・狭い・寒い)
■次の動作を起こすのが面倒
というものでした。
そこで、担当の建築士は、まず「断熱性の向上とバリアフリー化」をメインテーマに
下記のようなリフォームを行ったそうです。
■窓の位置や大きさを変更し、ガラスをペアガラスに、玄関ドアも断熱性の高いものに交換
■2階に水廻り(浴室・洗面室)を配置し、洗濯をしやすく、入浴をしやすい間取りに(老後の生活を楽にする動線)
■広くなった1階は明るく、くつろげるリビングへ
■手すりを随所にとりつけ安心な生活動線へ
■断熱性をあげたことで、冬でも暖かく、次の行動へ移るのが面倒ではなくなった
■最新式の設備に変え、お手入れも簡単になった
使わなくなった子ども部屋を「書斎」に変え、野鳥の撮影が趣味のご主人はそこで
カメラを磨いたり、野鳥の本を読んだりしているそうです。
奥様も、念願だった「対面式キッチン」や「ウォークインクローゼット」を新設したことで
とても嬉しそうなご様子でした。
ブログ
ブログ2
ブログ3
セカンドライフは家で過ごす時間が多くなりますので、いかに安心で快適な生活を
送ることができるかがキーポイントになるような気がいたします。
いろいろと考えさせられる番組でした



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




イメージチェンジ


江戸川にあるヤマハショールームの改装工事が終わりましたので見学に行ってきました。
以前のショールームとはイメージがガラッと変わり高級感ある落ち着いたカラーとオープンキッチンの良さが体験できる空間になっていました。ダイニングテーブルもセットしてありましたので実際の感覚的なイメージもわきやすいのではないかと思いました。
P1020549.jpg
P1020552.jpg
ヤマハといえばシンクのカラーはイエローやオレンジが特徴の一つですが写真のように白いカウンターに白のシンクは上品で扉のカラーも落ち着いたブラウンや新色の藍色などを使うとぐっと高級感が増して見えます。
家族仲良く調理したり片付けもさっと出来るコンパクトなカウンターをリビングの中心に考えて見るのも楽しいですね。
P1020554.jpg
takeda★



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




傾いている家は、体に異変が起こる?


先月、とあるお客様のご自宅に行き、調査をしてきました。
調査をしていくなか、二階の部屋に入ると自分の体に突然異変が起こりました。
それは平衡感覚をなくしたような、船酔いでもしたかのような気持ち悪さを感じることです。
このようなことが起こるほとんどの原因が床の傾きによるものです。
特にこの仕事についてから、顕著に出るようになりました。
今回のご相談者は特別感じていないらしく、
「そんなに傾いていますでしょうか?」
と聞いてくるぐらいです。
実際に計ってみると90センチ程度の距離で5,6ミリ程度下がっていました。
たいしたことはないという方もいると思いますが、工事の段階でこのような状態はありえません。
施工後、何かしらの原因でなるのが一般的です。
また、意外と私のような症状を訴える方も少なくありません。
ひどい方ですと、体調を崩し、寝込んでいる方もいました。
このように、床が傾く事で体に不調を起こすこともあります。
最近
「なんだかめまいがするわ」「船酔い見たいな感覚に襲われる」
というような事が起こったときは、家に問題があるかもしれませんね。
by専務



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




トイレの内窓と便器交換で27000ポイントゲット!


寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしですか?
さて、先日テレビで夜中にトイレに行かれて、心筋梗塞で倒れてしまわれた方の
話をみました。
なんでも、布団の中は人の体温にちかい33度前後なのだそうです。
そこから、廊下やトイレの10度以下の場所に行くのですから、
確かに心臓への負担は想像が容易にできますね。
そこで、お勧めなのが、住宅エコポイントの対象工事であるトイレに内窓をつけるというもの。
それに、今年から、仲間入りした「節水型トイレ」の組み合わせ工事はいかがでしょう?
(窓の断熱などのエコリフォームと併せて行う必要があります)
節水型トイレにして、20000ポイント、窓が(幅80cm、高さ70cm以上)7000ポイントで、27000ポイント!
地球にも家計にも優しい節水型トイレとのダブルの工事で、ダブルにポイントがもらえるのです
今やトイレの水は6ℓが常識!TOTOでは4.8ℓのものがでました。
これは、従来の13ℓのものと水道料金を比べると、年間で約14000円ちかくもお得だとか。
トイレをそろそろ…とお考えの方はこの機会にぜひご検討下さい。
toire_20110203133144.jpg



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム