デッキ材の交換が環境問題に取り組んでいることになります。

今年、はじめの仕事はデッキ材の交換
DSCF6500.jpg

みるも無残に朽ちてしまっています。確か15年ぐらい前に土台の鉄骨だけ施工させていただきました。
まずは朽ちた平板を撤去。

IMG_0772.jpg

私も携わった作った鉄骨の骨組みが出てきました。
鉄骨には亜鉛メッキ処理がしてあるのでさびた箇所はなし。
いろいろと点検し問題がなかったため次の工程に。
根太は腐らないアルミ製をチョイス。

IMG_0775.jpg

最後に人工木材製のデッキ材を設置。
IMG_0801.jpg

人口木材の選定の理由として、
・再生材を50%以上を使用した資源の有効利用に配慮してある
・木材では15年程度で写真のように朽ちてくるため、耐久性を高くしたいという思いがある
この2点が主な理由となりました。
また、環境の問題からも施主様がこの材料を使うことで環境に配慮した取り組みに参加していることになります。

DSCF6819.jpg


耐震診断依頼にもうひとつの・・・

本日、建築士会より木造住宅の耐震診断の依頼が入ってきました。
早速、依頼者に電話で連絡をし、建物の内容や詳しい状況を確認。
しばし話をお伺いしていると、建物の基礎の脇には土がえぐりとられているような穴があるということ。以前には特に見当たらなかったため、つい最近できたのではないかと依頼者は話してくれました。またこの穴によって建物に影響はないか?また、なぜできたのかを大変心配しての依頼でした。
こういった内容の案件は数度取り扱ったことがあり、実際に家が傾いている現場にも行ったことがあります。
現場を見ていないためどのような原因で穴が作られたのかはわかりませんが、異常な状態であることには変わりません。
依頼者がとても不安そうな話し方をしていたのが電話でも聞きとれ、後日改めて調査することをお約束し電話を切りました。
意外と自分の住まいをじっくり見たことがあるという方は少ないと思います。
ぜひとも定期的に見てあげることが大切です。
傷やクラックそして変わったことなど、早めに発見できれば補修のお金もやすく済むことになりますからね。