nearサザエさん一家


こんにちは
梅雨というのになかなか雨が降りませんね。
雨は洗濯物が乾かなかったりして困りますが、
降らないのも困りものです。
さて最近私は運動不足解消のため、電車を使うときは駅まで歩くようにしています。
駅から遠い我が家は30~40分程歩き、しっかり私の健康に貢献してくれています。
職業柄、歩きながらよくいろいろな家をみます。
で思うのが、「玄関からのアプローチがスロープの家が多くなったなぁ」ということ。
「車いすの人が家にいるのだな」と
車いす=ご高齢者というわけではないですが
「息子(娘)さん夫婦と一緒に住んで、スロープまでつけてもらって幸せな人なんだろうな」
と思ってみています。
最近、若いご夫婦がお金がなくて、家を買えない、借りれないから親夫婦と住むことが増えているとか。
”けがの功名”というべきか、よい傾向なのではと思います。
私の母は私が子供を産む前に亡くなってしまいました。
子供が産まれて、どんなに母に生きていてもらいたかったか…
その時の気持ちを思うと今でも涙がでてくるほどです。
子供は大好きなはずなのに、若干ノイローゼぎみになったこともありました。
よく子供の虐待死のニュースを耳にしますが、
この子がおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に住んでいたら違った人生もあったのにと思います。
また、お年寄りの孤独死もしかり。
みんながサザエさんのようなお家なら、そんな悲しいニュースもなくなるのでしょう。
「でも、あれはアニメの話。現実はそんなうまくいかないわよ」と
ごもっともです。
お婿のマスオさんは気苦労の多いことでしょう。
でも、あんな一家に憧れる人はたぶん多いのではないでしょうか?
「二世帯は気を使うから」と思われる方は、
キッチンや玄関を別々にするなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか?
いつも一緒にいなくても、近くに家族の気配が感じるられるのは心強いですよね。
サザエさん一家は無理でもnearサザエさん一家を目指してみるのも悪くないと思うのですが、
皆様いかがでしょうか?
img_984321_25585144_1.jpg



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください