ステンシルってご存知ですか?自宅内にあるもので愉しむ、その技法を紹介します


ステンシルはインテリアのアレンジをする時、コツさえつかめば簡単に装飾ができる、愉しい 手刷りの技法です。

以前、いちかわ産フェスタで無料体験もしたことがあります。

型紙をオリジナルにすれば、自由に愉しめるDIYなので、自宅待機(ステイホーム)の今、お子さんと一緒にいかがでしょうか?

今回はその手順を、実際に弊社女性スタッフで行った時の写真付きで、簡単にご紹介致します。

型紙を準備します
オリジナルだと、なお愉しいです

ステンシルの型紙は100均でも売っているので、とにかく手軽に始めてみたい方は、買ってきても大丈夫です。

文字の大きさ、オリジナルの模様などで楽しみたい場合は、型から作っても愉しいと思います。
型の切り抜きにはカッターを使うので、お子様と作業されるときには、年齢に応じて大人の方が手助けしてあげてください。
因みに弊社スタッフの話によれば、小学校3年生の図工でカッターナイフを使った授業があったそうです。
大きな切り抜きでしたら、見守りながらできそうですね。

筆やスポンジ、塗料を用意します

弊社女性スタッフは、使い古しのスポンジを使っていました。

筆やエアブラシで色付けすることもありますが、手軽に家にあるもので、なお且つ、 ノスタルジックな「かすれ感」が出るのでスポンジはおすすめです。

塗料はステンシル用として売っているのもありますが、今回は水性ペンキを利用しました。中学校の美術で使ったような「アクリル絵の具」でも代用できます。

今回は壁にステンシルを施しますが、布にしてみても面白いです。その際塗料は布用を利用する方が好ましいです。

そして「トントン」します

型がずれないことを意識しながら、少量の塗料をスポンジにつけ「トントン」と上からたたくように、塗っていきます。

ノスタルジックな「かすれ感」を出したい場合、塗料にもちょっとした注意があります。

とろりとした水で薄まってない状態の塗料を、少量ずつつけて「トントン」してください。

武田建設工業マークを最後に入れて、完成です。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




今日は医者になった気分になりました


昨日、弊社の常務がいつも通っている整体の先生から

「骨の模型の一部が破損したため直せないか」

という修理の依頼を受けました。

購入したメーカーにも問い合わせたようですが

「直すことができないので無理です」と、さじを投げられ

本職の整体の先生でも模型の骨だけは治らないと途方に暮れているものを

はたして私で直せるかどうか・・・

実際に模型を弊社まで持ってきてもらい、破損した部分を見ると、背骨の芯に金属でくねくね曲がるフレキシブルな棒が入っており、その一部が折れていました。

背骨の模型画像

溶接すれば直るかなと思いつつ、破損周辺の骨を取らないと溶接の熱で溶けてしまうので、ひとつづづ骨を外していきます。

軟骨、骨、そして筋肉のような赤いもの?。作業している最中は本当の人の体を手術しているような感覚に陥りました。

最終的に折れた部分を溶接し、元のように骨を組み、10分ほどで完成。

先生もこんなに早く治りびっくりしたようで、喜んで帰っていきました。

かなりの荒治療にもかかわらず、患者さん(骨の模型)は何も言わず黙っていてくれたことに感謝です^^

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




鉄骨の外階段|錆(さび)て腐食した部分を修繕


鉄骨階段、鉄骨廊下、鉄骨の修繕工事が得意です

今回の修繕は、エコライフの得意分野でもある鉄骨
古くなったからといって、全てを取り替えるのでは費用がかかりすぎますよね。
現場で確認をしたところ、部分的に錆(さび)からくる腐食が見られました。
ただし全てがダメになってしまっているということでもありませんでした。(鉄骨は丈夫なんですね。)
そこでお客様と相談した結果、元々あるものを残し、補強・補修を行うことになりました。

修繕を依頼されたのは、外階段と門柱になります。

工事前鉄骨階段の様子
鉄骨の外階段の様子。錆(さび)による腐食が進んでしまっています。
続きを読む 鉄骨の外階段|錆(さび)て腐食した部分を修繕

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




リフォーム事例ピックアップ


リフォーム完成写真キッチン施工後

以前、エコライフで行ったリフォーム事例をピックアップしました。皆さまのご参考になればと思ます。

減災を取り入れた耐震補強例

耐震工事の様子 金物で固定
金物でしっかりと固定。 いかに他の所を壊さず、指定の金物を付けるか が大切。

実際に減災を取り入れた耐震補強をご紹介いたします。
今回ご紹介するのは昨年市川工業高校の建築科の一部の生徒が無料で行っている「町内まるごと耐震診断」と呼ぶ、木造家屋の現場学習兼ボランティア活動を行っている活動の延長線で、耐震診断結果が良くない家を実際に補強したという案件です。
市川市では他の市よりもかなり個人の家の耐震補強に力を入れており、「あんしん住宅制度」という制度を設けている市でもあります。この制度を使うことで、最大30万円の助成金が出るため、経済的な負担を和らげることで、多くの人たちに利用してもらう事を目的としています。

減災を取り入れた耐震補強例 より
続きを読む リフォーム事例ピックアップ

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




5月30日は「ごみゼロの日」 近隣のゴミ拾いを行いました



午前中に「ごみゼロの日」ということで、グループ会社のスマイルアップと合同イベントを行いました。会社周辺のごみ拾いと草刈りです。

草刈りの様子|船橋インター近くの道路脇にて草刈りをしました
船橋インター近くの道路脇にて草刈りをしました。

ここは通勤時間に意外と人通りがあるのですが、この時期、草の背丈がどんどん大きくなってくると、自転車や徒歩の方が大きく車道に膨らんでしまい、事故になってしまうのではと不安でしたので、ごみ拾いだけでなく草も刈りました。

草を刈ってみると吸い殻や空き缶などのごみも見つけやすいです。綺麗な場所にはポイ捨てもしづらくなるのではないかと思います。

草刈り開始直後の様子|今はまだ膝のあたりまでの高さですが夏が来ることには肩くらいになることも
今はまだ膝のあたりまでの高さですが夏が来ることには肩くらいになることも。

草刈り終了|随分とスッキリのではないかと自画自賛.これで安全に歩きやすくなったかと思います.
随分とスッキリのではないかと自画自賛。これで安全に歩きやすくなったかと思います。

とちゅうの道で大きな木片やタイヤが捨てられていたりもしました。
集合写真

船橋市では毎年、市民みんなの美化活動の日であり「クリーン船橋530(ごみゼロ)の日」」といいます。一緒には参加できませんでしたが、とても素晴らしい活動だと思います。
今後もいろんな形で地域の暮らしをサポートしていきたいと思います。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]