トイレコーディネートコンテスト結果発表|第14回いちかわ産フェスタ

トイレのミニチュアで空間コーディネートのワクワクを体験してもらいたい

リフォームやインテリアコーディネートの楽しさに触れてもらおうと、毎年参加しているいちかわ産フェスタで、トイレコーディネートコンテストを開催しました。

当日は朝から雨模様。
会場のようす来場者の方々

それでもたくさんの方に興味を持っていただき、コンテストにも参加していただきました。

コーディネートの様子1コーディネートの様子2

お子さまにも好評でした。

トイレコーディネートコンテスト結果発表

「エコライフ賞」
No.11 岩田様
No.11-1 No.11-2

「スマイルアップ賞」
No.6 時田様
No.6-1 No.6-2

「いいね賞」
No.3 井上様
No.3

No.4 川島様
No.4

No.5 佐藤様
No.5

トイレはインテリアコーディネートが活きる空間

テレビでも、インテリアコーディネーターがリビングを全てコーディネートしてくれるようなコーナーが人気のようです。生活空間をおしゃれにコーディネートしたい方は、きっとたくさんいるかと思いますが、一部屋分を一気に統一すると思うと、なかなか進まないのが現実です。

上手くいかない根本的な原因の一つは「空間が仕切られていない」ということです。

リビングのある一画をコーディネートしてみても、目線の先は別の空間が広がっています。それら全てをコーディネートしようとすれば、費用も時間もかかって、結局面倒になり途中であきらめてしまうようなことはなかったでしょうか。

トイレなら個室であることがほとんどです。範囲も狭く、コーディネートにかかる費用も時間も短くなります。

そして効果も抜群です。

トイレから連想するイメージは、決して良いことばかりではないはずです。機能を重視した空間と認識していることの方が、お客様と接していても多いのが実情です。

でも、他のお宅にお邪魔して、トイレがおしゃれな空間になっていると、感心することはないですか。
百貨店のパウダールームは、入った瞬間に豪華なワクワク感で、自分が実はただ買い物に来ただけということを忘れてしまいそうになりませんか。

ドアを開ける動作の先に、違う空間が広がっている。それがよりコーディネートの効果を感じさせる要因もあると思います。
もしご興味がわいてきましたら、まずはDIYなどで始めてみてはいかがでしょうか。



「楽しい」と「愉しい」の違いを理解すると

朝の勉強会で、「楽しい」と「愉しい」の違いはわかりますか?と投げかけました。

仕事をするうえで、キーワードとなる言葉であると考えています。弊社では、働く皆さんが愉しんで仕事をしてもらいたいと思っています。そのためには漢字の意味が分からないとと思いましたので改めて記載したいと思います。

「楽しい、楽しむ」とは、 与えられたことに対して楽しく過ごすこと。すでにあるものや設定された枠の中で楽しむ感覚です。

もう一つの「愉しい、愉しむ」とは、

自分自身の気持ちや想いから感じ生まれる楽しい状態のこと。そして、自分の意識、気持ち、考え方次第でどうにでも変化できる。仏教にも通じる考え方です。

また、「楽しむ」は「愉しむ」の一部でもあるのです。

仕事をやり始めたばかりのころは仕事自体を愉しめなかった時代が続きました。朝起きるのもかったるいし、行きたくないなど・・・。 今考えると、与えられた仕事が自分のやりたいことと違ったからだと感じています。

今では自分からお客様との接点を見つけ、想いを共有し、夢を実現できる仕事ができるようになったため、仕事が愉しくてたまりません。

そんな想いになり、仕事ができたらやりがいも感じられますよ!

再度、この言葉を再確認させてくれた九州の織畠社長には感謝です!