賃貸でこだわりたいところ 1


賃貸物件の現状復旧で、床がフローリングの場合、フローリングについた傷の補修や時に張替が必要になることが多々あり、意外と費用が掛かり、オーナー様が頭を痛めるところでもあります。

そこでお勧めしたいのが、フロアータイルを既存のフローリングの上に張ってしまうことです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

以前は金額面から、クッションフロアー等を張ることもありましたが、部分的な張替がしずらく、見た目もリアリティーにかけるためここ数年はお勧めしていません。

フロアータイルの良いところは

1.傷や汚れが付いた部分があった場合、部分的な張替が専門職の人でなくても容易にできること。

2.見た目の印象が良く、質感が高いこと。

3.フローリングに比べ、冬場の床からくる冷たさを和らぐげるものもあること。

デメリットとしては、物自体に防音性をかねそなえてはいないので、直貼り仕様のマンションでは採用ができないといった点があります。

 

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]