浴室について考える 5

最後に「非日常感」

これをどう表現するかが問題ですが、「温度差を体感できる環境」というところに焦点を当てていきたいと思います。

私の家の浴室は2階にあり、窓を開けっぱなしにしても特に問題なく入ることができる環境にあります。これが気持ちいのなんの。^^

特に冬は窓を開けると冷たい風が入ってきて、浴室内に白い湯気が舞い上がり、肌も寒さでピリッとし、まるで露天風呂に入ったように感じます。

%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%82%e3%81%ae%e6%b9%af%e6%b0%97

窓から見る景色はよくありませんが、夜は暗くなるため、あまり外の様子も見えないので、目をつぶって湯船につかっていると、本当に温泉にきた気分を味わえます。

上記の様なことを実現するには、窓の位置を低くすることです。

「風に当たり、温度差を感じる」

これで非日常感が体験できます。

また、窓の外に坪庭等の景色を意識した庭を作ったりすることでより非日常感は増すことでしょう。庭を作らずとも、窓から見える塀に竹を貼ったり、レンガタイルを張ったりすることでも雰囲気はだいぶ変わると思います。

以上のように、住宅における浴室は

・今まで住んでいた浴室のサイズより1つサイズを上げる

・ドアはできるだけ引戸とし、透明なガラスやアクリル板にする

・窓の位置はできるだけ低くし、開放感をより求めるのであればより開口の大きいものを選ぶ

上記3つの事をとりいれるだけで、今までとは違った浴室に変わります!

余裕があるのであれば、浴室でテレビや映画を見たり、外部の音源を取り込んで天井スピーカーから音楽を楽しんだり、ジャグジーやミストサウナ等で癒す設備があればより完璧ですね!

まとめですが、

今までのプランニングでは、水廻りは各部屋の大きさを決めて、ある意味残りの空間に当てはめることが多かったように思います。しかしこれからは水廻りを癒しの場としっかりと定義し、必要な面積を確保し、プランニングする必要があります。特に、子どもたちが出ていって家族2人だけになった家には、使われていない部屋が存在します。何も役に立っていないならば、現在の暮らしを楽しんだ方が良いのではないでしょうか?

リフォームにしろ、新築で家を建てるにしろ、浴室の大きさは今までより大きくとるプランニングをすること、そして洗面室も合わせて1坪半を意識してプランニングすることが必要になります。今回は書きませんでしたが、洗面室もある程度面積が広がると世界観が変わります。

ぜひ、癒しの水廻りを手に入れてみてください。

 


浴室について考える 4

本来であれば自宅に露天風呂を作ればなんてことはないんですが、今回はあくまで住宅の浴室に絞って考えています。

どうやったら住宅のお風呂を快適な空間にできるかが問題であり、

その根本が「癒し」

癒しのキーポイントが「開放感」であり「非日常感」

この2つを演出できれば実現できるはずです。

ではどうやって「開放感」を演出するのか?

それは広さで解決。

現在、戸建の建物の多くは浴室の広さが1坪タイプです。この大きさがある意味標準サイズだとすると、人間の心理上、少しでも大きくなれば広がり感がかなり出ます。

 

6

 

ちなみに、私の家のお風呂は1.25坪サイズです。子どもたちの友達が遊びに来て、お風呂に入るとみんな驚きます。それくらい0.25坪のおおきさは偉大です。

しかし、これだけですとまだまだ広がり感は少ないため、次の手法は

ドアのガラスを透明にして、脱衣所(洗面室)をも浴室にカウントした広さとする。

当然、実際の浴室とは違いますが、感覚がまるで違うことに驚きます。

 

0103_04701501_0054

 

そして、窓の位置。基本は浴槽の長手方向に設置します。

しかしそれだけではダメ。浴槽からの高さが重要なんです。

 

3cdf2d5d ni6mp6000000520r

上の左側の写真の様な窓の高さでは、浴槽に浸かっていながら窓の外の景色を楽しむことはできませんが、右側に様に窓の高さを浴槽に近づけることで、浴槽に浸かっていながら窓の外を楽しめることができます。

この3つの手法で「開放感」を演出します。

次回に続く・・・


浴室について考える 3

ここで自宅のお風呂についても考えていきます。

家のお風呂は基本的に一人で入る(一人の空間)ということと定義すると、

・外部の露天風呂に入る

・サウナにはいり大量の汗を流す

・ジャグジーで癒される

・椅子に座って休すむ

・体を洗う

・入る前や出た後に体重計にのる

といったところが銭湯との共通点になります。

また、付加価値としての機能として挙げたものを抜かすと、

・外部の露天風呂に入る

・椅子に座って休すむ

・体を洗う

・入る前や出た後に体重計にのる

以上が自宅の浴室に必要だと思われるポイントになりそうです。

ここで「外部の露天風呂に入る」以外は自宅でも特に問題なくできている事と思います。問題なのは露天風呂。これができれば解決できそうです。

では次に「露天風呂のいいところ」を挙げていきます。

・景色が良い(眺めがよい)

・広々として気持ちいい

・ゆっくりできる  等々

まとめますと、自宅では味わえない温泉ならではの解放感(開放感)を味わせてくれ、 非日常感を演出してくれる場でもあるということでしょうか。

キーワードが見えてきたようです。

「開放感」そして「非日常感」

これが備われば、露天風呂を作らずともより快適な浴室が作れそうではありませんか!

次回に続く・・・


浴室について考える 2

以前に弊社の会長宅兼モデルハウスを作ったとき、浴室にジャグジー機能を付けました。最初のうちは喜んで使っていましたが、だんだんと頻度が少なくなってきたことがあります。

また、私のかみさんの実家にはミニサウナがありました。しかし、私がよくあそびにいくころにはほぼ、倉庫状態と化していました。

大げさに言ってしまえば、ジャグジーやサウナ等の機能を付け加えることで、最初は楽しかったり、リラックスできたり、癒されたりもしたのでしょう。しかし、長くは続かない。決して否定はしませんが、一番重要な点ではないということでしょうか?

もしかするとそれらは付加価値としての機能はあっても、メインではないということとも捉えられます。

では、何が一番のポイントなのか?

それは、「開放感」。そして「温度差を体感できる環境」にあると考えます。

わたしは男ですので、女性側の銭湯の様子はわかりませんが、男性側のお風呂の様子を観察すると、

・外部の露天風呂に入る

・露天風呂に入りながら友達や家族とコミュニケーションをとる

・サウナにはいり大量の汗を流す

・サウナに入りながら友達や家族とコミュニケーションをとる

・ジャグジーで癒される

・あかすりやマッサージを受ける

・椅子に座って休すむ

・体を洗う

・入る前や出た後に体重計にのる  等々

こんな状態が多く目に入ってきます。

次回に続く・・・


浴室について考える 1

私の幼少期は貧乏だったので、ボロいアパート住まい。当然お風呂はついていませんでしたので、毎日銭湯に通っていました。

「楽しかったな~」

という想い出が多く残っています。

大きなお風呂、多くの人たちと会える、そして最後にマミーが飲める。^^

勝手に飲んでは、母親によく怒られていました。

今でもその名残かどうかわかりませんが、よく銭湯(健康ランド)に行きます。

当然今では自宅に浴室があるにもかかわらずです。

なぜ、お金を払ってまでも行くのだろうか?

私がよく行く銭湯はいつも人がいっぱいです。

たぶん、ほとんどの方が自宅に浴室があるのにもです。

家に浴室があるのに、お金を払ってでも銭湯に行く。その多くは自宅の浴室では癒せないから銭湯に行って、心身ともに癒す。これに尽きるのではないでしょうか?

昔は、体を洗うところ。今では体もきれいにし、心もきれいにするところに変わってきたように思います。

往々にして自宅にある浴室はいまだに体を洗うところという機能しかないと言っても良いでしょう。別な言い方をすれば、現在の浴室には癒しという機能が備わっていないということにもなります。

どうしたら癒しの機能を付け加え、癒しの空間になるのか?そこが問題なのです。

次回につづく・・・