新築工事 基礎工事の巻2

捨コン作業が終わると鉄筋を組んでいきます。

まずは捨コンの上に、基準の線を出していきます。

P1070656

基準線を出し終わると鉄筋を組んでいきます。今では立ち上がりの鉄筋は加工された物を現場でつなぎ合わせることが主流です。

P1070687

鉄筋のかぶり厚を確保するため、コンクリートの小さな塊を置き、その上に鉄筋を組んだものを載せていきます。立ち上がりのかぶり厚は、ドーナツと呼ばれるものを鉄筋にくわかせていきます。

P1070677

だんだんと組みあがっていきました。

P1070690

 

 


新築工事 基礎工事の巻

杭が打ち終わった状況です。

P1070489

写真でもわかる様に杭の頭が見えるところと地面の中に埋まって見えなくなっているものがあります。これは基礎の深さが部分的に違うために高さも変わるためです。

杭工事の次は根切りになります。

335

重機を使って掘り進めます。

P1070514

根切り、床付けが完了後、砕石を敷いていきます。

P1070568

レベルを確認しています。

P1070583

防湿フィルム敷き完了

P1070597

捨コンを打設。

P1070610

という具合に工事は進んでいきます。写真だとあっという間に終わって見えますが、意外に大変なんですよね。

 

 


新築工事 杭工事の巻

船橋市のN様邸新築工事を設計から担当させていただきました清水です。よろしくお願いします。

担当している新築工事が杭工事でしたので少し杭についてお話しします。
今回は木造平屋建てで鋼管杭を採用しました。

P1070315

 

DSCN7352

現在、世間を賑わしている業種だけあって施工業者も普段より慎重に工事が進められているように感じました。
作業の手順はまず、深さと位置の確認を行います。
確認ができましたら、杭の偏芯に注意しながら目標深度まで打ち込みます。

DSCN7221

DSCN7274

今回は9.5mと長かったため途中で溶接による接合作業がありました。
実は単に9.5m打ち込むだけではなく、重機に搭載されている計器を使い、目標耐力に満たしているのかも計測しながら施工します。
なので時には事前調査による杭長さより深く打ち込む場合があります。
杭は建物が沈下しないように支えるとても重要な工事です。
職人さんたちは各所の耐力、深さをチェックし記録したりして慎重に施工を行っていました。
※今回は31本杭を打ち込みました。
世間で問題になっている杭とは種類が違いますが、杭工事でショッキングな事件がありとても残念ですが、今回の工事のようにしっかりして頂ければとても安心ですね。


玄関ドアの交換で家の表情が変わります。

ここ最近、玄関ドアの交換が続きました。玄関を交換というと大変そうに感じますが、今はリフォーム用の玄関があるため、1日で完了してしまいます。

いかがでしょうか?こんなに変わるものなんですよ!

888

DSCN7032

このドアを交換されたお客様は「こんなことなら早くやっとけばよかった」といってくださいました。^^

その他にもこのように生まれ変わります。

DSCN7028    DSCN7009

最後に、お得な情報です!

市川市在住の方はドアを交換すると最大10万円の助成金が出ますので、お早めにご相談くださいね!(意外とリフォーム屋さんでもこの制度が使えることを知っていないんですよ!)

※市の予算がなくなり次第終了となります

 


トイレへのこだわり

トイレをより使いやすく、そして気持ちいい空間、さらには介護でも問題なく使えるトイレ。そんなトイレ空間を実現したいという気持ちは以前からありました。

今回、施主様のご要望に私の考え方が近かったため、トイレをオープンにする提案してみました。

結果は下の写真の通り。

 

P1170300

 

全体の写真を取り忘れたため、部分的な写真になってしまいました。

洗面室兼脱衣室の奥にトイレスペースを配置。ドアは付けず、1m40cm程度の間仕切りで隔離。

施主様いわく、「オープンのトイレはとても気持ちがいい」とのこと。

オープンのトイレは副産物として、ドアを付けないためその分費用も安くなるということになります。

これからの主流になるトイレの形ではと思っています。