nearサザエさん一家

こんにちは
梅雨というのになかなか雨が降りませんね。
雨は洗濯物が乾かなかったりして困りますが、
降らないのも困りものです。
さて最近私は運動不足解消のため、電車を使うときは駅まで歩くようにしています。
駅から遠い我が家は30~40分程歩き、しっかり私の健康に貢献してくれています。
職業柄、歩きながらよくいろいろな家をみます。
で思うのが、「玄関からのアプローチがスロープの家が多くなったなぁ」ということ。
「車いすの人が家にいるのだな」と
車いす=ご高齢者というわけではないですが
「息子(娘)さん夫婦と一緒に住んで、スロープまでつけてもらって幸せな人なんだろうな」
と思ってみています。
最近、若いご夫婦がお金がなくて、家を買えない、借りれないから親夫婦と住むことが増えているとか。
”けがの功名”というべきか、よい傾向なのではと思います。
私の母は私が子供を産む前に亡くなってしまいました。
子供が産まれて、どんなに母に生きていてもらいたかったか…
その時の気持ちを思うと今でも涙がでてくるほどです。
子供は大好きなはずなのに、若干ノイローゼぎみになったこともありました。
よく子供の虐待死のニュースを耳にしますが、
この子がおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に住んでいたら違った人生もあったのにと思います。
また、お年寄りの孤独死もしかり。
みんながサザエさんのようなお家なら、そんな悲しいニュースもなくなるのでしょう。
「でも、あれはアニメの話。現実はそんなうまくいかないわよ」と
ごもっともです。
お婿のマスオさんは気苦労の多いことでしょう。
でも、あんな一家に憧れる人はたぶん多いのではないでしょうか?
「二世帯は気を使うから」と思われる方は、
キッチンや玄関を別々にするなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか?
いつも一緒にいなくても、近くに家族の気配が感じるられるのは心強いですよね。
サザエさん一家は無理でもnearサザエさん一家を目指してみるのも悪くないと思うのですが、
皆様いかがでしょうか?
img_984321_25585144_1.jpg


地震保険申請されましたか?

初めてブログを書きます矢放 敦(やはなし)
と申します。宜しくお願いします。
地震保険で掛け金の5%がお見舞い金として
でることがあるのを知っていましたか?
先日、千葉市若葉区小倉町の立派なお宅のキッチンの
レンジフードの交換リホームを行いました。
その折に弊社代表が「基礎に2~3ヒビが入っていますね。
先般の大地震の時にできたものではないですか」
と施主様にふと訪ね、地震保険の保険金申請を
されていなかったようなのでアドバイスしたところ
なんと数百万の保険金が出ることになったとの言ってくれて
ありがとうとの感謝のご連絡をいただきました。
また、屋根の雨漏りの補修工事を考えていたところ、
そこも保険金がでるとのことで喜んでおられました。
震災当初審査が厳しく保険がおりない事例があった
ようですが2011年の東日本大震災の地震保険の申請は来年の
3月までですので、一度申請したが保険がでなかった方も、
地震保険の申請にはちょっとしたコツがありますので
もし、うちも該当するのではないかと思われたら、お気軽に
相談していただければと思います。
kubun110420.gif


補修現場を見て

みなさん、こんには。
梅雨入りしましたがどうお過ごしでしょうか。
さて今日は補修について書いてみたいと思います。
補修といっても今回は補修業を生業としている方たちの
技術についてお話します。
現状写真
これは補修前の状況です。
外壁のサイディングが見事にひび割れています。
補修状況
↑このように手作業で、地道に補修作業を行います。
補修完了
そうするとなんと上の写真の様にきれいに補修されました。
さすが補修を生業としている方々だけあってすごいの一言に尽きます。
実はこのように補修のプロフェッショナルに頼めば元通りの見た目まで修繕が可能な場合があります。
今回はサイディング壁の補修でしたが、この他にも、ステンレスの傷補修、アルミサッシの凹み補修
フローリングの傷補修等も可能です。
補修費用は安くありませんが、交換工事に比べれば安く済むかもしれません。
あまり費用を掛けたくなく、なおかつ傷が気になるかに如何でしょうか。
YUN