見違えるような仕上がり

二月に入りもう中旬となりました。
まだまだ寒い日が続いていますね。
さて、先日ご依頼がありました市川市にあるN団地の一室の内装工事が終わりましたのでご紹介いたします。
5階から見える景色はとても良い眺めでした。
ベランダ側には、富士山やスカイツリーがみえました。
N団地の隣には高い建物もなく夜はライトアップされたスカイツリーがよく見えることだと思います。
P1040595.jpg
こちらの写真がリフォーム前です。
壁の塗装があちらこちら剥げてしまっているところや汚れが目立っていました。
お客様は売却を前提にリフォームのご依頼をいただきました。
「新しく住まわれる方が好きなようにリフォームしていただきたい」
「住まわれる方の使いやすいようにリフォームしてほしい」
「現状の間取りを変えずにお部屋を綺麗にしてほしい」とご希望でした。
畳や襖、障子の張替を行い壁の塗装が剥げているところをきれいに塗装し、
浴室やキッチン、トイレはクリーニングをしました。
P10500201.jpg
P1040970.jpg
P1050029.jpg
現状のままの間取りでよいという方は、そのまま住んでいただけるほど綺麗になりました。
工事後、N団地に訪れたオーナー様は、「見違えるほど綺麗になった」とのお言葉。
喜んでいただきました[emoji:i-179]
takeda[emoji:v-254]


内装工事 その3

皆さま、こんにちは。
内装工事の3回目をお伝えします。
P1040368.jpg
結露が酷く、カビが発生していました。そこで防カビタイプのクロスをご提案させていただきました。
P1040381.jpg
さらに、壁下地用防カビ剤を塗布しました。
クロス張替え完了です。お客様も綺麗になったとお喜びいただきました。P104038921.jpg
P1040652.jpg
玄関ドア枠の塗装が剥がれてしまっているため、表面をケレンしました。
P104069711.jpg
塗装屋さんに現場で色あわせをしてもらいました。色合わせをした塗料を見たときはちょっと色が違うようなと思っていたのですが、塗装してみてビックリ、遜色ない色になっていました。いつもながら、職人さんたちに感謝です。
ホソカイ


趣味の隠れ家(部屋)

下記の写真をご覧ください。
P1010324.jpg
この部屋は自分専用の趣味の部屋として、家族の反対を押し切って強引にスペースを確保したものです。
当時は「なぜこんな小さい部屋を作るの?!」といわれましたが、「どうしてもほしい」と頼み続けました。
しかし、部屋を作ったはいいのですが全然利用せず、物置状態となっていたのでした。
挙句の果てには、かみさんのブーツやブランドの箱を置かれ、もはやかみさんの部屋ともいえるありさま・・・
(写真を撮り忘れてしまったので、部屋を作っている時の写真をアップしました。)
そんな中、先週たまたま読んだ雑誌の中に、自分の部屋と同じような狭さで趣味の部屋としている写真を発見。
そこにに写っていたのは壁に設置している古ぼけた木製の棚でした。これがまたいい味を出していているんです。
最初はそれほど気にも留めていませんでしたが、いつの間にか心の奥底で 『これだ!』 と思うようになり、自分の部屋に棚をつけることに決定。
善は急げということで材料を仕入れるため、材木屋さんに直行!
自分のイメージを伝えると奥から出してきてくれたのは 銘木のキハダの耳が付いている板材。
57-kihada.jpg
この板がいい感じなんですよね。「私をもらっていって」という言葉が聞こえたくらいです^^
値段交渉も無地終わり、持って帰って早速板の表面加工に取り掛かりました。
イメージは、木の持っている荒々しさを表情することでした。
具体的に言うと、うずくり(木目を浮かせる仕上げ)にすることです。
130213_083245.jpg
うずくりにするためにはワイヤーブラシで板の表面をせっせと磨き上げていくことになります。
この作業が結構しんどいんですよね。(私ではなく、大工さんにやってもらいました)
加工が終わると、いよいよ部屋に取り付けていきます。
ジャ~~~~ン!
P1050060.jpg
自己満足の世界ですがいかがでしょうか?
とっても素敵な部屋に大変身! こだわるっていいですね!
by 社長


船橋市の住宅相談会にて、驚きの相談内容

先日の土曜日、船橋のフェイスビルにて市が主催する建築住宅相談の相談員として参加してきました。
今回の相談者は5組。
いろいろな悩みを持ってお越しになります。
その中でも唖然としてしまった相談がありました。
内容は
新築をある業者で頼んで建てましたが、家を引き渡すときからずさんな工事個所があり、是正してくれるように言っても取り合わず、現在までに至っているとのことでした。
持参した写真を拝見すると、信じられないような施工個所が多数見受けられました。
特に目を引いたのが、ドア(建具)の倒れ。
約2mの高さのドアで13ミリも倒れていました。普通では信じられない事です。
また玄関前のアプローチ部分の階段には、手すりではなく、フェンスを斜めに設置。
ご丁寧にもフェンスの柱には、「寄り掛からないでください」とのシールが貼られていました。
ちなみに建物の金額は坪70万円弱。
ひどすぎますね。
この様な業者がいるなんて。
この業者は「自然素材」を売りにしているそうです。
同じ業界人として恥ずかしい限りです。
社長


内装工事 その2

皆さま、こんにちは。
前回お伝えしたように、内装工事その2をお伝えします。
P1130746.jpg
浴室入口の床ですが、CFが少し剥がれかけていました。お客様にお話を聞くと浴室から出る際にあまり水気を取らないで出るとのことでしたので、おそらくそのときの滴が回り込んで剥がれてきたと思われます。
P10403531.jpg
CFを剥してみると床下地が傷んでいたので、傷んでいた箇所を撤去しました。
P10403901.jpg
床下地をはりなおして、CFを張りなおします。また、ソフト巾木(こげ茶色の帯)についても張替えをしました。
その2で終わらせようとしたのですが、次回その3をお伝えします。
ホソカイ


内装工事 その1

皆さま、こんにちは。
今回は、マンションの内装工事についてお伝えしたいと思います。
P1130750.jpg
交換前の洗面化粧台です。別の業者で水栓を一度修理をされて、交換をすすめられたため弊社にご依頼をいただきました。
P104039512.jpg
シャワー水栓がついて、三面鏡の洗面化粧台をご希望でしたので、ご提案させていただいたのはリクシルの洗面化粧台ピアラです。三面鏡部分の高さ調節が出来て、洗面化粧台の排水口にフランジがなくお手入れが簡単にできるためです。とても使いやすく、交換してよかったとのお喜びの声を頂きました。
<参考資料>
てまなし排水口
P1130771.jpg
クローゼットの扉に丁番が3ヶ所ついているのですが、3ヶ所とも壊れてしまい扉を閉められない状態でした。幸いにも、クローゼットドアのメーカーがわかったので、メーカーに問い合わせました。
P1040366.jpg
少し形状が異なりますが対応する部品があるということでしたので、取り寄せて3ヶ所すべて交換しました。
P1040364.jpg
動作確認も無事に終了しました。
次回はその2としてクロスの張替え等をお伝えしたいと思います。
ホソカイ


対策を打つべし

今日も寒いです。
目が覚めて雪が積もってなくてほっとした方、たくさんいらっしゃったのではないでしょうか。
そして、受験シーズンが到来!
ある方に
「死ぬほどやれ!死ぬほどやっても死なないから死ぬほどやれ」
なるほどね。とは思いましたが・・・
夏から呪文のように耳に残っていた言葉。
昨日から体調がかんばしくないうちの受験生。
こんな大事なときに風邪?まさかインフル?
予防接種はしてありましたが大事をとって病院に行ったら「受験生か!」「どこの学校?」
念のためインフルの検査をしていただき
「勉強のやりすぎか!?」「しっかり勉強しろ」などと言われた始末。
「死ぬほどやれ!死ぬほどやっても死なないから」
まさかここでも同じ言葉を聞くと思わずクックッと笑ってしまいました。
病院の先生には2.3度しか会ったことがないのに・・・と思いながら
帰宅しました。
毎年この季節に流行るインフルエンザの予防接種は家族みんなで受けましたが
運動もろくにせず毎日机に向かいご飯を食べ、また勉強。
少しジョギングでもしたほうが体力が付いてよかったのですがそうもなかなかできず。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
家の補修も対策が大切です。
年月が経つといろいろ不都合が出てきます。
定期的に住まいの診断をすることによって寿命を延ばすことが可能になります。
人間の体と同じように住まいの健康診断をお勧めいたします。
外壁であれば、ひびや劣化は目に見えてわかりますね。
調子が悪いところがあると人であればすぐ病院に行くのに住まいのことであるとそのままにしてしまいがち。
大丈夫かなぁ、まだ使えるかなぁ、壊れたら取り替えよう。
壊れてからだと緊急性もあり高い買い物をしてしまったり、高い工事代金になってしまうこともあります。
十分に対策を打って財産である住まいを大切にしてください。
takeda