高齢の女性一人が安らぎある余生を過ごすために まとめ


最後に整理したいと思います。

・住まいは「戸建て」を手に入れること

・火災保険はしっかりと内容を吟味し、加入すること

・家の専門家にアドバイスがもらえること

この三つがそろっていないと将来にわたる経済的リスクを減らすことはとても困難になります。

家を購入しても、専門家のアドバイスがないと欠陥住宅や瑕疵が隠れている住まいを手に入れることにもつながります。

火災保険に入っても、専門家のアドバイスがないと適用にならなかったり、認められた費用が少なかったりすることにもなります。

そして何より、住まいの専門家がいないと保険が適用できるかどうか、国の補助金等も利用できるかどうかの判断がつかず、 自費で修理することにもなります。

今後ますます高齢者が増え、資金面で暮らしを圧迫する方々が出てこられることが予想されます。

安らぎある余生を過ごすために、今からできることを考えていくことがとても大切だと思います。

50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム

自然災害に備える火災保険[台風直撃・浸水]




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください