都心部に想定外の震度7の揺れが襲う!?


今日の読売新聞に
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
首都直下で起こる東京湾北部地震で、これまで想定していなかった震度7の揺れが都心部を襲う可能性があることが分かった。
 文部科学省が進めてきた地下構造調査で、地震を起こすプレート(地球を覆う岩板)の境界が約10キロ浅くなる部分があると判明したため。国は新年度、被害想定と対策の見直しを始める。
 東京湾北部地震は、国の中央防災会議が18通りの発生領域を想定している首都直下地震の一つ。震源は陸のプレートと、その下に沈み込むフィリピン海プレートの境界で、規模はマグニチュード(M)7・3。同会議が2004年に公表した震度分布の最大震度は6強だった。
 しかし、大学や研究機関などが参加する文科省の研究チームが07~11年度、首都圏約300地点に地震計を設置し、地震波を解析した結果、東京湾北部のプレート境界の深さが、同会議の想定(30~40キロ)より約10キロ浅くなる部分があることが確認された。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
現在の耐震診断の基準は震度6強の揺れを想定し、評点1.0としています。
しかし今回の件で震度7の揺れを想定するとなると、評点1.0では『倒壊』ということになってしまいます。
今後近いうちに耐震診断基準がどう変わるかは未定ですが、仮に震度7の揺れを基準にするということになれば現在の評点でいうと1.3程度になると思われます。
これは違う言い方をすると、耐震補強にかける費用が相当上がるということ。
難しい問題になりました・・・
by社長



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください