火災保険で直せる事例 2

今回の火災保険案件はカーテンに足を取られ、カーテンレールごと取れてしまったものです。

状況は上の写真の通りです。一部クロスがはがれてしまっています。

この程度被害でも保険が適用になりましたので、お客様に費用負担がないように工事をすすめていきました。

被害のあった壁の一部を撤去し、補強します。

最後にクロスを貼り、カーテンレールをつけて完成です。

せっかくですので、このお部屋の壁はクロスを貼りかえました。

当然費用は掛かりません。

理由は弊社の場合、クロス工事は少しの部分を貼り替えても合計20㎡まであれば一式として金額を計上してしまうため、金額に差が出ません。

そのため、金額内であればどこまで貼れるのかを説明し、工事を進めていきますので、最終的にはお部屋の壁を貼りなおす案件が多くなります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください