建築屋の未熟さを感じました


昨日、文京区のT様から連絡があり、天井から水がたれてくるということで、本日お伺いしてきました。
RCのマンションに住んでいるT様。天井から水がたれてくるということで、上の階の原因と考えていました。
既に昨日、上の階で業者が来て調査をしたようですが、最終的な原因がわからないとのこと。
調査をした内容を聞くと、水道メーターから圧力をかけて配管の漏れの検査をしたそうです。
圧力をかけてはみたが、特に問題はなし。
その結果からこれ以上はわからないと判断したようです。
何ともお粗末な話です。
そのため、本日私がお伺いするということを上の住民の方が知っていたようで、不動産屋さんを呼んで、一緒に立ち会い、今後の流れを説明をしていただきました。
まとめると、
「原因がわからないので、しばらく時間はかかる。ご迷惑をおかけするがよろしくお願いします」とのこと。
また、
「どこか原因かわからないので直したくても直せない」
と弁明するため、T様は怒り心頭のご様子。
私もその対応にはあきれてしまいました。
そこでこのままではということで、私が上の住民の方に昨日からの状況を聞き、なんとなくここだろうと思われる点をチェックすると、ドンピシャリで漏れているのを確認。
実は、浴室の床の一部からの漏水でした。
最初は、「そんなことはない」と言ってなかなか信用してくれませんでしたが、水をためて様子を見ると下記の写真のように
mizumoree.jpg
水が漏れ始めてきました。
今回調査した建築やさんや職人さんののレベルが低いことに、恥ずかしささえ感じてしまいました。
また、不動産屋の親父の対応にもあきれてしまいます。
しかし、このような方が多いのも事実です。
このような業者に当たった方は災難ですね・・・
社長



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください