家の価格


苺が旬の季節です!
『朝のフルーツは金』なんて言います。
なので、朝はできるだけ果物を出します。
今は苺!
スーパーで安いものを見つけてはゲット!
先日、某大手スーパーで1パック198円の苺を見つけました。
古くなって、痛みはじめたので、値を下げたものです。
上と、底もしっかりチェックして、おもいのほか傷んでいないので、「ラッキー!」と思って、買って帰って見てみると
2段に積んでいた、内側の見えない部分に傷んでいる方をむけて入れてあり、半分以上が傷んでました。
がっかり―。
「これって、ちょっとした詐欺じゃないの」と怒りつつ、その半分以上の苺はジャムへと変身!
image_20110331145635.jpg
苺だから、ジャムという選択もできましたが、これが住宅だとしたらどうでしょう?
“まさか!”なんて思われる方もいらっしゃると思いますが、これは決して少なくない話なのです。
よく視ている劇的ビフォーアフターという番組では、見えない部分の基礎や壁の中は驚くほどの手抜き工事が…。
前回放送の物件では、リフォームで換気扇をつける工事をしたことで、構造の要とも言える筋交いが切断してありました。
呆れて、開いた口がふさがりません。
住む人の安全など微塵も考えないのでしょうか?
住宅にお買い得品はないと言います。なぜなら、見た目は変わらず、いくらでも手を抜き、安くすることができるからです。
それは、柱の太さや質、本数、筋交いやボルトの数、断熱材の量…数えあげたら、キリがありません。
もちろん、手抜きをして、なおかつ高いお金をとる悪徳な業者もいます。
高くて悪い家は多々あれど、安くて良い家などないと断言してもいいでしょう。
皆様、価格だけにとらわれることなく、良いお住まいを手に入れて下さい。
sanada[emoji:v-22]



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください