大家さんが巻き込まれたトラブル その1

 

こんなトラブルがあるということをご紹介させていただきます。

賃貸マンションの現状復旧を依頼され現地で調査をしたところ、雨漏りらしきところがありました。

場所は外壁に面した換気口付近。

2017-07-22 13.19.17

外壁側を見てみるとベントキャップ(外部の換気フード)が破壊されているのを確認できました。

2017-07-22 13.19.44

2017-07-22 13.19.36

おそらく以前賃貸で住んでいた方がエアコンを設置した際、エアコンの配管を通す場所がないため、給気口を利用し配管されたのだと思います。その際にエアコン設置業者によって破壊されたものでしょう。

いつも思うのですが、建築を知らない素人同然の方がこのようなことをしてしまいます。決して悪気はないとは思いますが、建築の知識が足らないと言わざるをえません。

その結果が雨漏りへとつながっていることからもお分かりいただけると思います。

それに加え知識のなさがわかるのがベントキャップに蓋(シャッター)らしきものが見えると思います。これは火災時に必要なもので、ルール上このマンションには必要だったため、設置されたものです。この機能を阻害するということは、大災害にもつながるということを理解していないということです。

しかしこの案件は、被害がもっと重大な事へと発展しているケースでもありました。

工事を進めていき、部屋側のレジスター(換気口)を取って、スリーブの中を確認してみると、錆だらけ。そして一部は腐食し、穴が開いている状態でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この状態から推測すると、かなり前から雨が入り込んでいることになります。

また、腐食が進行して穴が開いているということは、コンクリートの壁の中に雨水がしみ込んでいるということにもなります。当然コンクリートの中にある鉄筋にもよくないことは理解できると思います。

※写真の奥に見えるベントキャップは既存のものを撤去したため、仮に新しい物を差し込んでいます。

さらに工事を進めていくと、給気口に近い間仕切り壁の下部のクロスがフカフカしていたので壁のボードを撤去してみるとカビだらけで、ボードも湿っていました。

以上から言えるのは、安易な工事が建物に欠陥を生み、結果修繕費に多くの費用が発生したり、住まい手に健康被害すら与えないといったことにもつながってきます。

エアコンの取付工事がここまでのことを引き起こすという事例ですが、安易に簡単な設置工事だからということは避けるべきだということを教えてくれる事例です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA