エコを真面目に考える 1 ~家の電力消費について


こんなアンケート結果があります。
「エネルギーを一番使っていると思う用途」を東京理科大学の井上隆教授が消費者にアンケートしたところ、「暖房」・「冷房」と答えた人がそれぞれ40%に達し、「給湯」、「照明・家電」の用途を圧倒する結果となったそうです。
実際のエネルギー消費の調査結果は上記とは大きく異なり、関東では「給湯」が36.7%、「照明・家電」が41.5%で、「暖房」が20%、「冷房」が1.8%だそうです。
fc2blog_20150106140825512.jpg
上記の表からもお分かりのようにエネルギー消費が多い、「給湯」や「照明・家電」といったエネルギーをどのように使用するかがキーポイントではないでしょうか?
「給湯」は一年中水を加熱する必要があります。
また、「照明・家電」も一年中使用するものです。
ここから言えるのは毎日使うものなので、余計なものは使用しない、そして使い勝手を考えることと、少しでも省エネタイプの商品を使用することでエネルギーの消費を少なくできるという2点に焦点をあてるべきではないでしょうか?
by社長



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください