もういくつ寝ると…


こんにちは、古川です!
年の瀬ですね。今回はお正月の由来を調べてみました。
3-150.jpg
昔から、元旦には「年神様(としがみさま)」という新年の神様が、1年の幸福をもたらすために各家庭に降臨するとされています。その年神様を迎え入れてお祝いし、たくさんの幸せを授けてもらうために、様々な正月行事や風習が生まれました。
「大掃除」も年神様をお迎えするための行事で、1年間にたまったほこりを払い、隅から隅まできれいにすると、年神様がたくさんのご利益を授けてくださるそうで、12月13日に江戸城で行っていた「すす払い」に由来します。
「門松」は、年神様が迷わずやってくるための目印であり、年神様がいらっしゃる印として、玄関前に雄松と雌松を左右一対に並べます。「鏡餅」は、年神様へのお供えものであり、依り所。元旦に固い餅を食べる「歯固め」という儀式に由来します。鏡餅という名は、神様が宿るところとして神事に用いられる円形の鏡からきており、丸餅は魂をあらわす心臓のかたちも模しています。また、大小2段で太陽と月、陽と陰を表しており、円満に年を重ねるという意も込められています。
「雑煮」は、年神様に供えた餅を神棚から下ろし、そのご利益を頂戴するために作った料理。
他にも調べたら、年神様を中心としたさまざまな由来がありました。
日本のお正月の由来、とても神聖で奥が深いものですね…
新年が皆様にとって輝かしい年になりますようお祈り申し上げます



50代からのリフォーム

長い時を過ごす家が世界で一番好きな場所…
今50代は子育ても終え、ご自身のために時間を使うセカンドライフのスタート地点です。
我が家を快適に愉しくするお手伝いを、リフォームエコライフが致します。
趣味の空間をもっと愉しむリフォーム
ユニバーサルデザインという考え方を
光と風を感じて暮らす減築リフォーム




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください